アメリカで子育て

子供の誕生日は一大イベント!アメリカのバースデーパーティー

アメリカでは子供の誕生日は一大イベント!

子供たちが大好きな場所にお友達を招いて、盛大にお誕生日会をすることが多いです。

例えば、ジム、道場、博物館、遊園地などで、バースデーパーティーを開くことができます。

昨年はコロナの影響でドライブバイのパレードなどが主流となりパーティーは自粛モードでした。

一年間我慢をした反動からか、今年は誕生日パーティーをする人が増えています。

今日は、アメリカの子供のバースデーパーティーについてご紹介します。

アメリカのバースデーパーティー

どこでする?

人気があるのは、子供向けの遊び場や博物館。

インストラクターの人たちは子供にも慣れているので安心してお任せできます。

パーティーの場所
  • 自宅(ホームパーティー)
  • 公園
  • ジム、道場などの
  • 子供向けの遊び場
  • 博物館
  • 遊園地、テーマパーク

 

ジムや博物館、遊園地などでは、メンバーシップ(年パス)を持っていると割引されることが多いです。

自宅でパーティーを行う場合は、準備や片付けの負担を減らすために人を雇を雇うことがあるようです。

それでも自宅でのパーティー開催はなかなか大変かと思います。

公園でパーティーを開くこともあります。

場所代はほぼかからず、子供たちは広い場所で思いっきり遊べるが魅力です。

  • 公園によっては、大人数で集まる場合は申請が必要な場合もあります
  • 念のため、事前に公園に確認をとることをおすすめします

誰を呼ぶ?

規模にもよりますが、プレスクールの時はクラスメイト全員(12名前後)が招待されることが多かったです。

キンダーガーデンに入ってからはクラスメイトの人数が増えたこともあり(20名弱)、女の子の誕生日会には女の子のみ、男の子の誕生日会には男の子のみが呼ばれることが多くなりました。

コロナの影響により昨年は一切パーティーに呼ばれませんでしたが、今年はちらほら開催されています。

バースデーパーティーのパッケージプラン

自宅やお庭、公園でパーティーを開催する人もいますが、バースデーパーティーのパッケージプランを利用する場合が多いようです。

バースデーパーティーのパッケージプランとは?

アメリカでは様々な場所でバースデーパーティーのパッケージブランが用意されています。

通常、パッケージプランに含まれているものは・・・

  • ピザ
  • 飲み物
  • 2〜3名程度のインストラクター(専用係員)
  • 施設使用料(入館料、入園料など)
  • 子供が楽しめるアクティビティ(工作、身体を動かすアクティビティなど)

 

  • パッケージプランでは、パーティーを担当してくれるインストラクターが、準備、片付け、アクティビティなど全てを仕切ってくれるので、ホスト(保護者)は当日はゆっくり子供と一緒に楽しめるのが大きなメリット
  • インストラクターにはチップを渡すことが多いようです

パッケージプランの予算は?

パッケージプランの予算
  • ニューヨーク郊外のロングアイランドでの平均的なバースデーパーティーの予算: 500ドル
  • ニューヨーク市(マンハッタン): 800ドル以上

 

パッケージプランは、招待人数によって料金が異なります。

規定された人数以上になる場合は、一人頭十数ドルの追加料金がかかります。

  • 小さな子供(2歳未満)は無料となる場所も多いですが、兄妹を連れて行く場合は人数が増えることになるので、主催者に事前に確認しましょう

バースデーパーティーの流れは?

パッケージプランのパーティーの場合の大まかな流れをご紹介します。

  1. 受付や入り口でプレゼントを預ける
  • 通常、プレゼントの開封タイムはありません
  • 誰からのプレゼントかわかるように、名前を記載しておくか、メッセージカードを入れておきましょう

 

2. フリータイム・フリープレイ

3. インストラクターと一緒にアクティビティ

テコンドー道場でのバースデーパーティー。参加者は体験レッスンを受けることができました。

 

4. パーティータイム(軽食、ケーキを食べる)

  • 軽食として振る舞われるピザは、かなりの確率でチーズピザ(野菜などの具がないアメリカの子供が大好きなピザ)
  • ケーキは持ち込みの場合が多い

 

5. グッディバッグ(手土産)をもらってパーティー終了

  • グッディバッグ=Goodie Bagの中身は小さなおもちゃやお菓子
  • パーティー参加者にお礼として渡されます

 

後日、Thank youカードをもらうことが多いです。

バースデーパーティーに呼ばれたら

バースデーパーティーの主催者は忙しいので、招待を受けたらなるべく迅速に返事をしましょう。

お断りする場合も、お祝いの一言を添えるのがマナーです。

当日は、誕生日の子供とパーティーの主催者におめでとうの言葉とお礼の言葉を伝えるのをお忘れなく!

招待された時のエチケット
  • 返事を早めに返す(Eメールで届くOnline Invitaionが主流)
  • プレゼントを用意する(メッセージカードを添えて、ギフトバッグに入れて渡す)
  • プレゼントにはギフトレシートを添える

 

親しさにもよると思いますが、プレゼントの予算は20〜30ドル程度。

私は、10ドル以下のプチギフト+20ドルのギフトカードをプレゼントすることが多いです。

何かを買ってプレゼントするときは、返品・交換ができるようにギフトレシート(Gift Receipt)も忘れずにバッグに入れて渡しましょう。

  • プレゼント購入時に、ギフトレシート有りを選択をするとギフトレシートが発行(印刷)されます
  • 購入時にギフトレシートの発行を忘れた場合も、レシートがあればギフトレシートの発行が可能です
  • アマゾンなどのオンラインショッピングの場合も、購入時にギフトレシートの有無を選択できます
  • ギフトレシートがあるとそのお店で商品を交換、もしくは返品(そのお店で使える金券と交換)することができます

 

パーティー参加者は当日は入場料や食べ物代などを支払う必要はありません。

まとめ

今日は、アメリカの子供のバースデーパーティーについてご紹介しました。

アメリカでは子供の誕生日は一大イベント。

子供が好きなものをテーマにして、テーブルセットやデコレーションも統一することが多いです。

パッケージプランは高額で、ケーキや、チップ、グッディバッグ代などもプラスαで必要となりますが、当日、主催者(保護者)はゆっくりと子供と楽しめるのが魅力です。

どんな形でも、子供の笑顔がたくさん見られるバースデーにしてあげたいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカを知る

    ユニバーサルマスクが推進されるニューヨーク!2歳以上も学校でのマスク着用が必須に

    アメリカでも猛威をふるっている新型コロナウィルスのデルタ株。教…

  2. アメリカで子育て

    Lexile指数とは?子供のリーディングレベルにあった英語の本を探そう

    日本の絵本にはよく『自分で読むなら○さいから』というような表記がありま…

  3. アメリカを知る

    机にはプラスチックシールド!アメリカの学校のコロナ対策

    今年の9月からアメリカのキンダーガーデン(Kindergarten)に…

  4. アメリカを知る

    サンタや家族にZoomで会える!クリスマス、ホリデーシーズンはZoomが無料

    今年のホリデーシーズンは、コロナウィルスの影響で沢山の人が集まってお祝…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村

  1. ランニング情報

    ニューヨークシティマラソン限定モデルシューズがリリースされました
  2. アメリカで子育て

    大雪のニューヨーク!コロナの影響で学校のスノーデーがなくなる?!
  3. アメリカで食べる

    出来たてがおすすめ!お鍋や電子レンジで簡単にできるポップコーンの作り方
  4. アメリカで子育て

    作るもの片付けるのも簡単!粘土遊びをするならエアドライ粘土がおすすめ
  5. アメリカを知る

    コロナワクチン(ファイザー)接種完了!二回目接種後の副反応は?
PAGE TOP