アメリカで生活する

アメリカのプリスクールでの誕生日は家族イベント!親も積極的に参加しましょう

こんにちは、ロイです。

アメリカでの生活も15年目が終わろうとしています。

思い起こせば人生の大きな節目をアメリカでたくさん迎えました。

子供が生まれ大きくなり、学校に通い始めると

今まで外国人として町に住まわせてもらっていたのが、

コミュニティーに入りいろんな人と出会い、行事に参加していくことになります。

個人的にどこでもコミュニティーに入ることは非常に重要だと考えており、

自分の住んでいる町のコミュニティーイベントは積極的に参加するようにしています。

うちの子供はまだ3歳なのでプリスクール(Pre School)と言われる

幼稚園みたいなものですが、それでも色々な学校活動に親が参加することになります。

その中でも自分にとってもとても貴重だった誕生日会の経験をご紹介します。

子供の誕生日は家族行事

日本でも幼稚園に通っている園児の誕生日は、クラスの友達と一緒に祝いますね。

みんなと誕生日ソングを歌ったり、お菓子を食べたり。

もちろんアメリカのプリスクールも同じように、先生が名前入りの王冠を作って

誕生日の園児に被せて、お菓子や歌で一緒に祝います。

一つ驚いたのは、うちの子供が通うプリスクールでは、

誕生日の園児の親もクラスで一緒に祝うということでした。

まず入園する時のお知らせで書かれていた項目に

  • 親も子供の誕生日に参加し、園児たちに絵本を読んであげる
  • お菓子を用意し、クラス園児たちに振る舞う

というものがありました。

両親共に参加する必要はありませんが、共働きで普段ナニーさんに任せている家庭は

どちらかの両親は休みを取って参加することになります。

とは言っても、会社側も子供イベントへの参加は当然という理解なので、

有給を取らずに参加を認めてくれる場合があります。

当たり前ですが「断る」ということは受け入れられませんし、考えられない選択肢で、

英語が上手くなくても、園児に本を読んでお菓子を振舞ってあげないといけません。

旦那さんの仕事の都合で英語が話せずアメリカに住んでいる

日本人お母さんもいらっしゃいますが、そんな方々も参加なさっています。

まあ楽しんでいらっしゃる感じですが、とにかく母は強い!

簡単で楽しいクラスの誕生日行事

とは言っても、相手は3歳の園児ですからワチャワチャしており

どんな本でも興味を持って食いついてきてくれますし、お菓子は大好きで

非常に和気あいあいとした誕生日会です。

当然先生方の上手なフォローがあるのでカオス状態になることはないです。

毎日のクラスは午前中のみの3時間ですが、

もちろん3時間みっちり誕生日会ではありません。

降園30分前の時間帯だけ親が登場し、誕生日会が行われます。

そして終わると同時に親と一緒に家に帰れる仕組みです。

(クラスの途中に誕生日会をすると、親と一緒に帰りたいと言い出す園児もいるので)

30分と言っても園児たちが大人しくなるまで時間がかかりますし、

本読みは文字数とページ数の少ない絵本なので、5〜10分ほどで終わります。

そのあとは一心不乱でお菓子を貪る愛らしい園児を見るだけです(笑)

絵本は自分が読みやすい本でいい

絵本は文字数が少なく、絵重視のもので全く問題ありません。

相手は3歳児なので文字やページ数が多かったら集中が切れてしまいますからね。

そして読んだらお終いです。絵本について園児から質問なんかはありません(笑)

私が参加した時は「スイミー」という絵本を読みました。

非常に短く、とても色使いの綺麗な絵本で、

内容も「みんなで協力する」という非常に分かりやすい内容のものです。

世界的に有名な本なので、先生も園児に内容説明などのヘルプがしやすいですし。

中には日本の昔話を用意する方もいらっしゃるみたいですが、

何気に文化背景を理解しないと内容理解しにくいものは結構難しいかと思います。

なので、簡単でシンプルな絵本が一番子供たちにとっては理解しやすいと思います。

お菓子はヘルシーなものがいいかも

用意するお菓子は基本なんでもいいです。

誕生日というとカップケーキが人気ですが、それでも問題ありません。

作ってもいいし、買っていってもいいです。

うちの奥さんはクッキーを焼いて振る舞いました。

ただ一点気をつけたのが、アレルギー持ちの園児もいるかもしれないということです。

なので基本オーガニックな食材を使用し、糖分は控えめにしました。

最終的には園児たちは元気に食べていました。

日本のお菓子を紹介ということで、とても独特な食べ物を用意する

ということは避けたほうがいいかもしれません。

子供達もよくわからないから残してしまうかもしれませんし、

家に帰ると何を食べたか家族に話をするので、敬遠されるかもしれません。

家族みんなで楽しもう!

結論、子供たちの誕生日会は楽しいです。

私は半日休暇を取って奥さんと一緒に参加しました。

そして絵本を読ませてもらったのですが、非常に貴重な経験でした。

やはりしたことないことを体験するのは、それだけで経験値がグッと上がった気がします。

ぜひ皆さんも、子供たちのイベントがあったら参加してみてください。

関連記事

  1. アメリカで生活する

    プレスクールの保育参観に行ってきました

    うちの長男は2歳からプレスクールに通っているのですが、3歳に…

  2. アメリカで生活する

    初めての生木のクリスマスツリーを購入する方へ!手入れのための知っ得情報

    こんにちは、ロイです。一年でもっともワンダフルな時期がきました…

  3. アメリカで生活する

    近未来型コンビニ、Amazon Goがニューヨークにオープンを予定

    Amazon Goが2018年の1月にオープンしてから一年が経とうとし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ランニング情報

    ニューヨークのマラソンイベントの参加方法を知っていますか?
  2. マラソンイベント

    ブルックリンサイクロンズ5キロランに参加しました
  3. ランニング雑記

    トレッドミルと外でのランの違いを埋める方法
  4. マラソンイベント

    【イベント情報】ロングアイランドマラソン
  5. ランニング雑記

    疲れた時の心を折らせない6つのメンタルコントロール
PAGE TOP