アメリカで子育て

アメリカの自転車にはハンドブレーキがない?!アメリカの子供用自転車選びのポイントとおすすめ自転車

ようやく春らしくなってきたニューヨーク。

お花を探しながら自転車でお散歩するのが我が家の日課です。

3歳と5歳の息子たちは、ストライダーのおかげでスムーズに自転車に乗れるようになりました。

今日は、アメリカの子供用自転車選びのポイントとおすすめ自転車をご紹介します。

アメリカの幼児向け自転車選び

幼児向け自転車のサイズ(目安)

  • 2〜4歳:12インチ、補助輪付き
  • 4〜6歳:16インチ、補助輪付き
  • 6〜8歳:20インチ

 

14インチのバイクもありますが全てのサイズを買い揃えるのは大変なので、我が家では14インチは購入していません。

14インチの自転車を購入した知人は、乗れる期間が短かったと言っていました。

上記はあくまでも目安です。

背が高く足も長い息子の友人(5歳)は、すでに22インチの自転車に乗っています!


参考情報

 

手前から、ストライダー、12インチのバイク、16インチのバイクです。

幼児向け自転車選びのポイント

我が家が重点的に検討したのは以下の3点。

ちょうどコロナが流行り始めた時期でお店に行けるような状態ではなかったので、ネットでひたすら商品比較をしてたどり着いた結論です。

自転車選びのポイント
  • ペダルブレーキのみか、ハンドブレーキもあるか?
  • 組み立て時間はどれくらいか?
  • キックスタンドはあるか?

 

ペダルブレーキのみか、ハンドブレーキもあるか?

アメリカと日本の自転車の大きな違い、それはブレーキの掛け方です。

ブレーキの種類
  • 日本の自転車はハンドブレーキ(Hand Brake/ Caliper Brake)
  • アメリカの自転車のほとんどはペダルブレーキ(Coaster Brake)

 

Coaster Brakeでは、足のべダルを後ろに回転させる(こぐのと反対に回す)と、ブレーキがかかります。

ペダルブレーキは思ったより簡単なようで、子供たちは難なく使いこなしています。

日本で自転車を乗る可能性がある場合はハンドブレーキ付きが良いと思います。

組み立て時間はどれくらいか?

自転車屋さんで購入すればもちろん問題ありませんが、インターネットで購入する際は何割くらい組み立てられた状態で出荷されるのか(どれくらい自分たちで組み立てる必要があるのか)を確認しましょう。

組み立て具合
  • 95%くらい組み立てた状態=サドル、ハンドル、キックスタンドなどを取り付けるだけで完成

 

何割くらい完成した状態で出荷されるか、自分で組み立てるのにどれくらいの時間や道具が必要かは、自転車により異なります。

85% Completed(85%くらい組み立てた状態で出荷される自転車)のものは、組み立てや調整が大変だったというレビューが多いです。

購入の際は、レビューをしっかり読むことをおすすめします。

キックスタンドはあるか?

小さいサイズは補助輪があることが前提のためか、アメリカの子供用の自転車は、スタンド(Kickstand)がないものが多いです。

アメリカでは子供の自転車が路上に横たわっているのをよく見るので、なくても問題ありませんがあると便利です。

おすすめの自転車

この3つを重点的に検討した結果、我が家が購入したのは、RoyalBaby Kids Bike

おすすめポイント
  • ハンドブレーキがついている
  • 95%、組み立てられている状態で届く
  • キックスタンドがついている
  • タイヤが太くて乗りやすい
  • 色も豊富(青、赤紫、緑、オレンジ、ピンク、赤、白)
  • サイズも豊富(12インチから20インチまで)

 

ハンドブレーキは20インチのみ両ハンドル。

12〜18インチは、一つのハンドブレーキ+ペダルブレーキです。

組み立ても非常に簡単。

道具もついてくるので、正味15分程度で組み立て完了しました。

16インチのものはタイヤも太めでしっかりしているので、安定感もあり乗りやすいようです。

作りもしっかりしていて、シャイニーな塗装は高級感もあります。

軽いプラスチック製のものですが、Water bottle(水筒)がついているのも便利です。

幼児向けヘルメット選び

ヘルメット選びのポイント
  • アジャスターは付いているか
  • 風通しは良いか

 

色々な形のものがありますが、頭にフィットするように調整できる(Adjustableの)アジャスターがついているものが便利です。

子どもは汗をかきやすく頭が蒸れやすいので、空気穴が沢山あるものの方がベターです。

ニューヨーク州では14歳以下の子供が自転車に乗る際、ヘルメットが必須です。

NYS Department of Health – NYS law requires that all children under the age of 14 wear an approved bicycle helmet. The maximum penalty for an offense is a $50 fine; however, the fine is waived if a parent proves a helmet was obtained.

 

まとめ

今日は、アメリカの子供用自転車選びのポイントとおすすめ自転車をご紹介しました。

コロナウィルスが流行し始めた2020年春先は、自転車屋さんやホームセンターから自転車が消えた!と言われていました。

ソーシャルディスタンスを保ちながら、楽しめる運動の一つとして自転車人気が高まったようです。

まだお友達ともマスク無しでは遊べない日々が続いていますが、自転車なら近づき過ぎずに楽しむことができます。

近所をまわるだけでも気分転換になり良い運動にもなるので、暖かい日は自転車でお散歩を楽しみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカで子育て

    Back to Schoolの準備!これを買えば間違いなし!アメリカの文房具の定番ブランド

    日本でも有名な文房具のブランドがあるように、アメリカでも定番の文房具ブ…

  2. アメリカで子育て

    お家でカラオケも楽しめる!アメリカでおすすめ、VTechの知育玩具

    お友達にお家にあったハイテクなカラオケのおもちゃ!知育玩具メー…

  3. ニューヨークのコロナ事情

    職員のコロナ感染率増加による人手不足が原因でリモート授業に移行

    じわじわ迫るコロナの脅威。今日は、同じ学区の小学校(Eleme…

  4. アメリカで子育て

    最大飛距離は60メートル?!簡単なのによく飛ぶ!子供が飛ばせるStomp Rocket(ストンプロケ…

    ロケットが大好きな息子たち。プラスチックボトルでロケットを作っ…

  5. アメリカを知る

    乳歯が抜けたらやってくる!歯の妖精、トゥースフェアリー

    ついに、我が家にも、Tooth Fairy(トゥースフェアリー)がやっ…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカで食べる

    意外に簡単!イベントや誕生日におすすめ!アイスドームケーキの作り方
  2. アメリカを知る

    メモリアルデーはジョーンズビーチへ!ベスページ・エアショーの楽しみ方
  3. 行事・文化

    初めての生木のクリスマスツリーを購入する方へ!手入れのための知っ得情報
  4. アメリカで遊ぶ

    ニューヨークでいちご狩り!5ドルでいちご狩りが楽しめるロングアイランドのおすすめ…
  5. アメリカで遊ぶ

    ニューヨーク州立歴史公園!Planting Fields Arboretum S…
PAGE TOP