アメリカで生活する

お土産にもおすすめ!アメリカのペニーで作る記念硬貨、ペニープレスとは?

アメリカはカード社会なので、あまり硬貨を使う機会がありませんが、ペニー(Penny=1セント)は思わぬところで活躍することもあります。

今日は、お土産にもおすすめ!アメリカのペニーで作る記念硬貨、ペニープレスとは? についてご紹介します。

51セントで作れるユニークな記念硬貨。

旅行やお出かけの記念としてコレクションするのもおすすめです。

ペニーで作れる記念硬貨

Elongated Coin、Pressed Pennyとは?

  • ペニーを細長くして(elongate)、その場所に関連する文字や絵柄を刻印(press)して作成した記念硬貨のこと
  • 通常、ペニー(1セント)x1枚とクォーター(25セント)x2枚、合計51セントで作成可能

 

記念硬貨を作る機械、Coin Press Machine(コインプレスマシン)は、アメリカの博物館やテーマパークのお土産売り場で良く見かけます。

全米では、3300を超えるマシンが設置されているようです。



 

フロリダのディズニーワールド内には、27箇所もコインプレスマシンがあるようです。

場所によっては、ペニーだけではなく、クォーター(25セント)で作る記念硬貨もあるようです。


  • ディズニーワールド内のコンプレスマシン設置場所情報: Walt Disney World – Coin Press Machines

 

自分が入れたペニーをそのまま使うので、なるべくきれいなペニーを使いましょう。

もし汚いものしかなかったら、刻印した後に自分で磨いてみてください。

こちらはレトロなPress a Pennyの機械。ペンシルバニアのRed Caboose Motelにありました。

ペニーの記念硬貨の作り方

コインプレスマシンの使い方はとても簡単です。

今回は、クレイドル航空博物館のお土産売り場にある、PRESS A PENNYというマシンを利用しましたが、他のマシンも基本的に同じような使い方です。

  1. 刻印したい絵柄の青い三角矢印を赤い矢角矢印の所に合わせる


  • 矢印が合っていない状態で作り始めると刻印がずれたり、全く刻印されない状態で出てきてしまうので要注意!
  • 必ず合わせてからはじめましょう!

 

レバーを回して、刻印したい絵柄の青い矢印と赤い矢印を合わせます。

 

2. スロットの部分にペニー1枚とクォーター2枚をセットし、硬貨が機械の中に落ちるまで押す

クレイドル航空博物館の機械では、近隣にあるLong Island Children’s MuseumやFirefighters Museumなどのコインを作ることもできます。

 

3. 矢印の方向にレバーを回す

 

4. 完成すると下の方からコインが落ちてくる

ペニーが細長い丸になり、設定した絵柄が刻印された状態で出てきます。

裏面はツルツルです。

クレイドル航空博物館の模様を選んだので、星マークのメダルが出てきました。

左はレッドカブースモーテル、右はクレイドル航空博物館のものです。次男も必ず同じものを欲しがるので、2つずつ・・・

 

51セントで作れるお土産コイン。

安くて、かさばらないので、お出かけや旅行の記念としておすすめです。

Elongated Coin、Pressed Pennyを入れる、専用のコインコレクションケースもあります。

汚れたペニーの磨き方

せっかくの記念硬貨は、きれいな状態で保存しておきたいですよね。

汚いペニーをきれいにピカピカにする方法をご紹介します。

ペニー磨きに必要なもの

  • ペニー
  • お酢(今回は、家にお酢がなかったのですし酢を代用しました)
  • お酢とペニーを入れる入れ物
  • ベーキングパウダー
  • 柔らかい布やキッチンペーパー

発行年により配合は異なるようですが、現在のペニーは、Zinc(亜鉛)とCopper(銅)から出来ています


ペニーの磨き方

磨く前の汚いペニー。

 

  1. 汚いペニーをお酢に入れる

お酢につけると少しずつ明るい色になっていきます。

今回は5分程度漬けました。

 

2. 水でゆすいで軽く拭いてから、キッチンペーパーや古い布を使ってベーキングパウダーで磨く



  • 頑固な汚れの場合は、もう一度お酢に漬けてから再度ベーキングパウダーで磨いてみるときれいになる場合があります

3. 水でゆすいでから、きれいな布などで拭き取る

4. 生まれ変わったようにピカピカに!


まとめ

今日は、お土産にもおすすめ!アメリカのペニーで作る記念硬貨、ペニープレスとは? について紹介しました。

たったの51セントで作れる、その場所のオリジナルの記念硬貨。専用のケースに入れれば、立派なコレクションとなります。

マグネットやキーホルダーより場所も取らず、安価なので、お土産としてもおすすめです。

我が家はまだたったの2種類しかありませんが、子供たちも気に入ったようなので、これから集めて行きたいと思います。

ちなみにアメリカではクォーター集めもおすすめです!


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカで遊ぶ

    楽しくSTEMを学べる!体験型博物館 オーランド・サイエンス・センター

    ニューヨーク→フロリダ・オーランドへの国内旅行。ケネディ宇宙セ…

  2. アメリカを知る

    コロナに負けずに復活!アメリカのイースターのイベント、エッグハント(ナーサリー編)

    アメリカではもうすぐイースター。昨年はコロナの影響で、全てのエ…

  3. アメリカで生活する

    ターゲットで思わず購入!3ドルのクリスマス柄のトイレットペーパー

    ついつい足を運んでしまうターゲット(Target)のDollar Sp…

  4. アメリカで生活する

    アメリカで中古品を売買する方法!知っておきたいヤードセールやウェブサイト情報

    コロナウィルスの流行によって、お家時間も増えて、生活スタイルも変わって…

  5. アメリカで生活する

    植物好きにおすすめ!ターゲットとマイケルズの春を感じる可愛いアイテム

    まだまだ寒いニューヨークですが、スーパーマーケットのターゲット(Tar…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村

  1. アメリカで子育て

    アメリカの学年末!プレスクールの先生へのギフトとコロナ禍のパーティー
  2. 日本へ一時帰国

    2021年夏、日本帰国〜ニューヨークで日本入国時に必要なPCR検査を受けてきた〜…
  3. アメリカを知る

    アメリカのコロンブスデーとは?
  4. アメリカで走る

    簡単な食習慣の変化で健康に!ストレスを減らす4つの気軽な食事改善
  5. アメリカを知る

    エッグハント用のグッズも充実!アメリカの可愛いイースターグッズ
PAGE TOP