アメリカで生活する

宇宙飛行士や自由の女神を見つけよう!アメリカのステートクォーター

カード社会のアメリカではなかなか活躍することがない硬貨ですが、ペニー(Penny、1セント)は、旅行先などで記念硬貨を作る際に活躍します。

そして、クォーター(Quarter、25セント)は4枚あれば1ドルになる使いやすい硬貨です。

それだけでなく、色々な柄があるクォーターは集めるのも楽しいコインです。

今日は、宇宙飛行士や自由の女神を見つけよう!アメリカのステートクォーター についてご紹介します。

アメリカのクォーターの模様

通常のアメリカのクォーターの模様

  • 表側: 合衆国初代大統領のジョージ・ワシントン
  • 裏側: 頭の白いハクトウワシ(白頭鷲)

 

北アメリカに生息するハクトウワシ(英語ではBald Eagle)は、強さを象徴する鳥として、アメリカの国鳥に指定されています。

アメリカの国章やApollo 11のなどにも使用されています。

アメリカ50州のステートクォーター

ふと手にしたクォーターを見てみると、ジョージ・ワシントンの裏が、ハクトウワシではない、違う模様のクォーターが混じっていることがあります。

それは、ステートクォーターである確率が高いです。

ステートクォーターとは
  • アメリカ合衆国造幣局が1999年から2008年にかけて行った、50州25セント硬貨プログラム(The 50 State Quarters Program)の一環として発行されたクォーターのこと

 

1999年から州が誕生した順に、5州ずつ、クォーターが発行され、50州それぞれの州の象徴となる模様と文言が刻まれています。



 

アメリカ領ソノマ、コロンビア特別区、グアム島、北マリアナ諸島連邦、プエルトリコ、アメリカ領ヴァージン諸島のクォーターも発行されています。



 

ステートクォーターは流通量が多いため、希少価値はないようですが、地域によってどのステートクォーターが流通しているかは差異があるようです。

例えば、ニューヨークに住んでいるとニューヨーク州近郊の州のものはよく目にしますが、なかなか見つからない州のものもあります。

ステートクォーターには、それぞれの州の名前も書いてあるので、アメリカの50州の勉強にもなり、とても良い記念にもなります。

我が家のステートクォーターアルバム。

Arkansas(アーカンソー州)と・・・

Minnesota(ミネソタ州)がまだ見つかっていません。。

New York(ニューヨーク州)のステートクォーターに描かれているのは自由の女神、ニューヨーク州の形、”Gateway to Freedom”という言葉です。

Ohio(オハイオ州)のクォーターには、宇宙飛行士の模様と”Birthplace of Aviation Pioneers”という文言が刻まれています。二人の偉大な宇宙飛行士、アメリカ人として初めて地球の軌道を周ったJohn Glenn(ジョン・グレン)と、人類で初めて月面に降り立ったNeil Armstrong(ニール・アームストロング)の出身地がオハイオです。

色付けされたステートクォーターもあるようです。私は、たまたまUtah(ユタ州)のものが手に入りました。


アメリカ・ザ・ビューティフルクォーター

  • アメリカ・ザ・ビューティフル25セント硬貨プログラム(America the Beautiful Quarters Program)では、各州の国立公園や美しい情景やモニュメントが刻まれている
  • 2010年に開始、2021年に終了予定

 

新しいプログラムのクォーターは、まだあまり目にする機会がありませんが、ある日やたらときれいなクォーターがあると思ったら、America the Beautiful Quartersでした。

私が見つけたのはこちらの4種類です。

  • Cumberland Island Quarter (Georgia):カンバーランド島国立海浜公園のクォーター(ジョージア州)
  • War in the Pacific Quarter (Guam):太平洋戦争国立史跡公園のクォーター(グアム)
  • Salt River Bay Quarter (U.S. Virgin Islands):ソルトリバー湾国立史跡公園・生態系保護区のクォーター(アメリカ領ヴァージン諸島)
  • National Park of American Samoa Quarter(American Samoa):アメリカン・サモア国立公園(アメリカ領サモア)

 

America the Beautiful Quarters専用のコレクションブックもあります。

きれいなクォーターを見つけたらこのシリーズかもしれません。

ぜひチェックしてみてください!





まとめ

今日は、宇宙飛行士や自由の女神を見つけよう!アメリカのステートクォーター についてご紹介しました。

ご紹介した通り、クォーターには色々な絵が描かれているので、集めてみると楽しく、アメリカ50州について知るきっかけにもなります。

全て集めると良い記念になるので、帰国していった私の友人たちもよく集めていました。

どうしても見つからない州のクォーターを集めるために、大量に銀行で両替したり、知人に聞いたり、最後の方は少し大変そうでしたが・・・・

アメリカの滞在記念として集めてみるのもおすすめです。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカで遊ぶ

    子どもと無料で遊べる!ニューヨークのおすすめの屋内スポット&プログラム

    アメリカのニューヨークで子育てをはじめて早5年が過ぎました。子…

  2. アメリカで遊ぶ

    ニューヨークのウェストチェスターにあるレトロな遊園地、Playland

    古き良きアメリカの雰囲気が残る遊園地に行ってきました。かなり年…

  3. アメリカで生活する

    お土産にもおすすめ!アメリカのペニーで作る記念硬貨、ペニープレスとは?

    アメリカはカード社会なので、あまり硬貨を使う機会がありませんが、ペニー…

  4. アメリカを知る

    ニューヨークの秋、ロングアイランドでパンプキンピッキングを楽しもう

    ニューヨークの秋と言えば、りんご狩りとパンプキン狩り!今日は、…

  5. アメリカを知る

    コロナに負けずに復活!アメリカのイースターのイベント、エッグハント(ナーサリー編)

    アメリカではもうすぐイースター。昨年はコロナの影響で、全てのエ…

  6. アメリカを知る

    ジャガイモ掘りも楽しめる!ニューヨークのロングアイランドでりんご狩り

    アメリカの秋の楽しみの一つ、りんご狩り!今年は、6月頃にいちご…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村

  1. アメリカを知る

    エッグハント用のグッズも充実!アメリカの可愛いイースターグッズ
  2. ニューヨークラン

    【ブルックリン】ブルックリン橋を走ってみた
  3. アメリカを知る

    アメリカのコロンブスデーとは?
  4. アメリカを知る

    先生などにあげるギフトの予算は?アメリカのクリスマスギフト事情
  5. 日本へ一時帰国

    2021年夏、日本帰国〜ニューヨークで日本入国時に必要なPCR検査を受けてきた〜…
PAGE TOP