アメリカで遊ぶ

ニューヨークのウェストチェスターにあるレトロな遊園地、Playland

古き良きアメリカの雰囲気が残る遊園地に行ってきました。

かなり年季が入っているような乗り物も多かったですが、レトロな雰囲気が味わえて楽しかったです。

乗り物だけ見ると日本の小さな遊園地くらいの大きさに見えるかもしれませんが、思ったよりも敷地は広め。

十代の子ども〜大人が楽しめるようなアトラクションもたくさんあります。

今日は、ニューヨークのウェストチェスターにあるレトロな遊園地、Playland についてご紹介します。

ニューヨーク・ウェストチェスターの遊園地 Playland 

Playland
  • ホームページ: Playland
  • 入園料 
    • 入園料+乗り放題チケット: 34.99ドル 
    • 48インチ以下の子ども入園料+乗り放題チケット(3歳未満は無料): 24.99ドル 
    • 入園料のみ: 14.99ドル

 

小さな子ども向けゾーンの乗り物は、身長が高すぎると乗れないものもありますが、電車や観覧車、潜水艦の乗り物など、子どもと一緒に乗れるアトラクションもあります。

子どもメインで大人は乗り物に一切乗らないという場合は、入園料のみ(Spectator)というチケットを購入することもできます。

こちらは誰でものることができる電車です。この日は、こちらの線路付近にGroundhog(グランドホグ)が出てきてしまい、後半は運転休止になっていました!

ほとんどの時期、開園はお昼の12時。

12時ちょうどくらいに到着しましたが、駐車場に入るまでには列ができていました。

中に入るとそこまで混雑はしておらず、子ども用のアトラクションは5分も待てばほとんど乗れるものばかりでした。



  • チケットはオンライン購入がお得です。14%の割引があり、チケットブースに並ぶ必要もなくなります。
  • ウェストチェスターの住民はさらにお得な割引料金で入園できます。
  • アトラクションの入り口には身長がチェックできるボードもあります。チェックポイントは、身長 36インチ(約91cm)、42インチ(約107cm)、48インチ(約122cm)、約55インチ(140cm)です。

Playlandのおすすめポイント

Playlandのおすすめポイント!
  • 観覧車はオープンエアー(窓なし)!
  • 子ども用のミニ絶叫マシンもたくさん!
  • 大人が楽しめるエリアもある!

観覧車はオープンエアー(窓なし)!

個人的に一番のおすすめは、オープンエアーの観覧車。

窓がないので、晴れた日には最高の景色が楽しめます。

昔ながらのアメリカの観覧車は、人を乗せるときには止まり、何周もまわってくれるので楽しいです(全ては係員の気分次第・・・)。

子どもたちも気に入ったようで、二回乗りました。

一応屋根はついていますが、窓はありません。危ないといえば危ないので、小さな子どもは注意が必要です。

てっぺんに近づいてきました!

海が見渡せる最高の景色!

遊園地の敷地も見渡せます。


子どもがミニ絶叫マシンがたくさん!

子ども向けのエリアのアトラクションは、36インチ以上あると乗れるものが増えてきます。

42インチ以上あると、少しスピードが出るような乗り物も乗ることができます。

子ども向けエリアのものは、シートなども小さいことが多いので、55インチ以上あると乗れないようなものもあります。

黄色い潜水艦が縦にぐるぐる回る(Crazy Submarine)は、大人もいっしょに楽しめます。

思ったよりもスピードがあり、ちょっと目が回りそうになりましたが楽しかったです。

息子たちは、イモムシがジャンプするように上下しながら動くJolly Caterpillarやフリーフォールの超小さい版のJump n’ Beanが気に入ったようで、繰り返し乗っていました。

小さなジェットコースターも乗りましたが、こちらは思ったよりスピードが速かったのか、一度でいい・・・とのことでした。

アメリカっぽいイモムシの顔。バウンスするので何気に楽しいです。

次男は気に入って4回も乗っていました。程よい高さとスピードが楽しいようです。

サック(大きな布袋)に足を突っ込んで滑るながーい滑り台。大人もいっしょに滑ることができます。アメリカのFarmなどにもよくあります。

ボートが水の上をぐるぐる回ります。

大人が楽しめるエリアもある!

入り口を入って左側がKiddylandで、小さな子どもが楽しめるエリアになっています。

入り口を入って右側とKiddylandの奥のエリアには、大人が楽しめるジェットコースターや本格的なフリーフォールのようなスリル満点のアトラクションがたくさんあります。

こちらも大人向けのアトラクション。やっぱりレトロな雰囲気が漂っています。

 

Log Flumeという思いっきり水のかかるアトラクションもあります。

乗った人も、Splashと書かれたエリアにいる人も、下着まで水浸しになるようなものすごい水しぶきです。

水がかかるエリアに行ってみたいと言った次男・・・見事全身びしょ濡れになりました。。

幸い暑い日だったので、帰るまでには乾きましたが、レインコートやポンチョで防げる水の量ではないので、挑戦したい人は着替えを持っていった方が良さそうです。

本当にすごい水しぶき!Splash Zoneに行く時は全身びしょ濡れになる覚悟が必要です!

 

アーケードゲームなどもあり、小さな子どもだけでなくティーンエイジャー、大人まで幅広く楽しむことができます。

まとめ

今日は、ニューヨークのウェストチェスターにあるレトロな遊園地、Playland についてご紹介しました。

夏の間は、花火やプール(プールは改装中のため一時的に閉鎖中)も楽しむことができます。

子どもと行く場合は身長制限があるため、幼稚園児〜小学校低学年くらいからがおすすめです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカで遊ぶ

    STEM教育にぴったり!プラネタリウムも楽しめる、クレイドル航空博物館の見所ガイド

    ニューヨークのロングアイランドにあるクレイドル航空博物館(Cradle…

  2. アメリカで遊ぶ

    約1年半ぶりに青空の下で復活!アメリカの図書館のパーク・ストーリー・タイム

    ニューヨーク州では、コロナ禍の様々な制限がなくなってきています。…

  3. アメリカで遊ぶ

    八重桜のお花見スポット!ニューヨークのBrooklyn Botanic Garden(ブルックリン植…

    八重桜を見に、ニューヨークのブルックリン植物園に行ってきました。…

  4. アメリカで遊ぶ

    デロリアン展示中!Back to the Future好きにおすすめの博物館

    クレイドル航空博物館で、映画バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back …

  5. アメリカを知る

    メモリアルデーはジョーンズビーチへ!ベスページ・エアショーの楽しみ方

    コロナ禍で初めて開催されたベスページのエアショー。迫力満点で、…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村

  1. アメリカで生活する

    ハッピーハロウィン!簡単ハロウィン料理のご紹介
  2. アメリカで食べる

    ニューヨーク価格は一皿3.20ドル!ニュージャージーのくら寿司
  3. ランニング情報

    安いシューズを買うならアウトレット!Tanger Outletsでお買い物
  4. ランニング雑記

    スピード回復!ランニング後の筋肉回復を早める6つの方法
  5. アメリカで子育て

    みんなで学校を盛り上げよう!アメリカの学校のスピリット・ウィークとは?
PAGE TOP