アメリカを知る

子供も先生もパジャマで過ごす1日!アメリカの学校のパジャマデー

アメリカ、ニューヨークのプレスクールに通っている3歳の息子ですが、今日は、学校にパジャマで行きました。

今日は、子供も先生もパジャマで過ごす1日!アメリカの学校のパジャマデー についてご紹介します。

パジャマデーとは?

パジャマデーとは

学校にパジャマで行く日!

 

パジャマで登校し、パジャマで授業を受け、パジャマで遊び、パジャマで下校します。

パジャマデーは先生たちもパジャマを着ているので、とてもスペシャルな雰囲気で楽しいようです。

パジャマデーはいつ?

学校により異なるかと思いますが、私たちが住んでいる学区では、冬にパジャマデーがあります。

プレスクールでは毎年1月後半、キンダーガーデン・エレメンタリースクールでは、12月のホリデーシーズン前でした。

ACCO(American Childhood Cancer Organization)は、4月16日をNational Pajama Dayと定めていて、癌治療などのために病院でパジャマのまま過ごしている子供たちに寄付を呼びかる日となっています。

また、同じ4月16日は、National Wear Your Pajamas to Work Dayとなっています。

アメリカの確定申告(Tax Return)の提出期限が4月15日までなので、確定申告が終わったことを祝して、リラックスして楽しもう!というアメリカらしいイベントです。



パジャマデーは何をするの?

プレスクールでは、先生がパンケーキやワッフルを焼いたり、特別なスナック(おやつ)を用意してくれます。

シロップもたっぷりくれるようで、毎年子供たちは楽しみにしています。

キンダーガーデンでは、ポーラーエクスプレス(The Polar Express)を読んで、ベルを鳴らしてダンスなどをしたようです。

プレスクールの工作では、チョコレートシロップのようなペイントやノリを使って、パンケーキを作っていました。

穴の空いたシリアルを使ってネックレスや腕輪作りも楽しんだようです。

パジャマデーは何歳まで?

子供が小さい5歳くらいまでのイベントかと思っていましたが、アメリカではプレスクール(幼稚園)、エレメンタリースクール(小学校)だけでなく、ミドルスクール(中学校)やハイスクール(高校)でもパジャマデーがあるようです。

しかも、National Wear Your Pajamas to Work Day(4月16日)として、大人が会社にパジャマを着て行く日もあります。

とはいえ、私も夫も、今まで会社にこのイベントはなく、パジャマで出社したことはありません。

ニューヨークでは、真冬にノーパンツライド(No Pants Subway Ride)といって、みんながズボンをはかずに下着で地下鉄に乗るイベントがあるくらいなので、パジャマで出社してもそんなに恥ずかしくないのかもしれません(今年は、コロナの影響でNo Pants Subway Rideもキャンセルされたようですが・・・)。

どんなパジャマを着ていくの?

子供が好きなパジャマならなんでもOK!

つなぎのパジャマも可愛いですが、トイレに行きにくいので、少し注意が必要です。

少し大きくなると、Robe(ローブ)着ていくことも多いようです。

息子の学校では、普通の靴で登校するようにとのお達しがありました。

アナウンスをしないと、ベッドルームでよく履くスリッパで学校に来る子供もいるようです。

息子がプレスクールの時は、スリッパやぬいぐるみも持って来てよかったので、学校の方針を確認しましょう。

パジャマデーにおすすめの本

おすすめ絵本

“Pancakes in Pajamas” by Frank Asch

 

クマの親子が今日は1日パジャマで過ごすと決めて、パジャマのままお出かけします。

Frank Aschのクマの家族のシリーズは、とても読みやすい英語で、ちょっと笑えるウィットもきいています。

子供も大人も楽しめる、おすすめの絵本です。

おすすめ絵本

“The Polar Express” by Chris Van Allsburg

 

ポーラーエクスプレス。邦題は、急行「北極号」

映画化もされた名作。

クリスマスイブにサンタクロースの存在を信じている子供たちがパジャマのまま機関車に乗り込み、旅をするお話です。

アメリカではホリデーシーズンに読まれることが多いです。

まとめ

今日は、子供も先生もパジャマで過ごす1日!アメリカの学校のパジャマデー についてご紹介しました。

パジャマで登校し、パジャマで授業を受けるという不思議な一日。

子供たちにとっては、パジャマ姿のお友達や先生に会える特別で楽しいイベントのようです。

コロナの影響で色々なイベントがキャンセルになっていますが、パジャマデーは中止にならず、子供たちも楽しめたようでよかったです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカで子育て

    おむつ卒業は何歳頃?アメリカのトイトレ(Potty Training)事情

    子供が2歳くらいになると気になりだす、トイトレ(トイレトレーニング)問…

  2. アメリカで子育て

    オリジナルのオーナメントやしおりができる!とっても簡単なプラスチックのコップを使った工作

    小さい頃に初めてプラ板で遊んだ時、なんて素敵なアイテムができるんだ!と…

  3. アメリカを知る

    ついに学校でもマスクはオプショナル!マスク着用義務化解除が進むニューヨーク

    ニューヨークでは、ついに、2022年3月2日から学校でのマスク着用の義…

  4. アメリカで子育て

    幼児も遊べる!おすすめの知育テーブルゲーム・ボードゲーム4選

    サンクスギビング、クリスマスにお正月・・・ニューヨークの寒い冬…

  5. アメリカで子育て

    最大飛距離は60メートル?!簡単なのによく飛ぶ!子供が飛ばせるStomp Rocket(ストンプロケ…

    ロケットが大好きな息子たち。プラスチックボトルでロケットを作っ…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村

PR

  1. アメリカで子育て

    日本帰国時に買っておきたい!小学生の音読練習におすすめの「よみとく10分シリーズ…
  2. アメリカで食べる

    パーティーにもおすすめ!小さなパンプキンパイの作り方
  3. アメリカで食べる

    ライスペーパーで作る!簡単モチモチあんこ巻き
  4. マラソンイベント

    ニューヨークシティマラソンまであと一週間!セントラルパークの「今」をレポート
  5. アメリカを知る

    ニューヨークのコロナ事情!ロングアイランドの一部もイエローゾーンに
PAGE TOP