アメリカで子育て

簡単・きれいに残したい!子供のお絵かきやアート作品も大事な思い出

お絵かき大好きな息子たち。

お家でもお絵かきをしますが、プリスクールやキンダーガーデンでも可愛い作品を沢山作ってきます。

お気に入りのものは壁に飾ったりしていますが、作品もどんどん増えるので全てをとっておくことはできません。

今日は、子供のお気に入りのお絵かきや作品を記念として残すためのアイデアをご紹介します。

写真を撮る

  • 1番シンプルで簡単、誰でもすぐにできる方法はお絵かきや作品を写真を撮ること
  • 子供と一緒に作品の写真を撮るのもおすすめ

 

もちろん作品だけの写真を撮るのもよいですが、私は、息子たちに作品を持たせた写真を撮っています。見返した時に、子供たちがどれくらいの時に、どんな作品を作っていたのか成長を感じることができます。

我が家では、撮った写真は、無料アプリの家族アルバム『みてね』にアップロードしています。

写真を撮った時系列で整理されるで見やすく、遠く離れている日本の祖父母とも共有ができるので便利です。

また、写真を使ったパーソナライズアイテムを作成できるアプリの『Shutterfly』を通して、アルバムを作っています。

インスタグラム(Instagram)では、子供の作品専用のアカウントを作っている方も多く見かけます。

他にも写真を整理、共有できるアプリは沢山あります。

デジタル化したあとは、自分が使いやすいアプリやSNSで保存してみるのも良いと思います。

額に入れる

  • 特にお気に入りの作品は額に入れて飾る

 

こちらもとてもシンプルかつ簡単な方法です。

とても上手に描けたものや、記念になるようなもの(初めて描いた顔の絵や、自分の名前など)は、額に入れて飾っています

裏には日付を記載し、いつ子供たちが描いた絵なのか分かるようにしています。

こちらは壁に飾れるように、はじめからキャンバスに描いた絵です。キャンバスはクラフトショップのMichaels’(マイケルズ)などで安く購入することができます。

ラミネート加工する

  • お絵かきなどの平らな作品はラミネート加工する
  • ラミネーター(機械)がない場合は、ラミネートシート(ScotchのSelf-Seal Laminating Sheets)が便利

お気に入りのものは額に入れていますが、そこまで沢山の絵を額に入れて飾ることはできません。

そこでおすすめなのは、お絵かきや作品(平らなものに限りますが)をラミネート加工することです。

額に入れるよりも安価で簡単に、紙で保存するよりは良い状態で保存し、飾ることができます。

アメリカではラミネーターは20ドルくらいで手に入ります。

我が家では、ラミネーターの代わりに、もっと安価なラミネートシート(ScotchのSelf-Seal Laminating Sheets)を使っています。

透明なシールという感じなので、強度と保存具合はラミネートに劣りますが、作品が特別な存在になったように感じるようで、子供たちは喜んでいます。

長男はこのシールタイプのラミネートを使って、落ち葉コレクションを作っていました。

息子が自分でやっているので、若干空気が入っていているものもありますが、そこまで劣化せずに保存できています。

ARTKIVEを利用する

  • アート作品をアルバムにしてくれる有料サービス、ARTKIVEを利用する

 

こちらはお友達に教えてもらったものですが、申し込みをすると専用の箱が届いて、その箱いっぱいに作品を入れて送り返すと、きれいな一冊の本にしてくれるという夢のようなサービスです。

作品がそのまま本になるのではなく、ARTKIVEが作品を一つずつ写真に撮って、必要な編集を行い、一冊の本にまとめてくれます。

依頼した作品は画像化され、ARTKIVEのアカウントにアップロードされるので、スマホやタブレットなどのデバイスから見ることができるようになります。

  • ARTKIVEの料金体系
  • Shipping Kit(作品を入れる箱の配送料と返送料)が39ドル
  • 依頼する作品の数によって、作成料が決まります(例えば、25作品で75ドル、200作品で334ドル)

 

それなりの値段はしますが、プロがきれいに撮影してくれるのでアートブックのような仕上がりです。

大量にある幼稚園時代の作品を少しでも簡単に一気に整理したい!という方におすすめです。

Shutterflyを利用する

  • 無料のアルバム作成アプリ、Shutterflyを利用する

 

アルバム作成アプリ、Shutterflyを使えば、お気に入りの作品をマグカップ、お皿、マグネット、キーチェーンなどのアイテムに印刷して記念品を作ることができます

キャンバス地やセラミックタイルに印刷をして、壁などに飾ることもできます。

私は、今度の長男と次男の誕生日に、作品を集めてコースターを作りたいと思っています。

まとめ

今日は、子供のお気に入りのお絵かきや作品を記念として残すためのアイデアをご紹介します。

アメリカでは特にプレスクール時代に学校で色々なものを作ってきます。

どれもその時にしか作れない、描けない、貴重な思い出になるものですが全てをそのまま保存しておくのも大変です。

しかし、一昔前と違って、様々な方法で子供たちの作品も残しておける時代になりました。

自分がやりやすい方法で、子供たちのお絵かきや作品を少しでも長く楽しめると良いですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカで生活する

    アメリカでおすすめ!子どもも使いやすいハンドソープ

    コロナの影響もあり、手を洗う機会が多い毎日。アメリカでは・…

  2. アメリカで子育て

    お家でカラオケも楽しめる!アメリカでおすすめ、VTechの知育玩具

    お友達にお家にあったハイテクなカラオケのおもちゃ!知育玩具メー…

  3. アメリカで子育て

    予防接種は4種類?!アメリカの4歳児健診

    アメリカの子供の保険では、1年に1回、健診・身体検査が受けられるように…

  4. アメリカで子育て

    キンダーガーデンは何歳から?ニューヨーク州の学校事情

    昨年9月から息子がニューヨークのキンダーガーデンに通い始めました。…

  5. アメリカで子育て

    アメリカのキンダーガーデンはどんなことをするの?通知表の内容と勉強してきたこと

    アメリカの幼稚園(キンダーガーデン)でもらってきた通知表。思っ…

  6. アメリカで子育て

    学校で健康診断はない?!アメリカで出産・子育てするときに知っておきたい子供の健診事情

    日本では、学校などで集団診断をしたり予防接種をすることがあると思います…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカで子育て

    Lexile指数とは?子供のリーディングレベルにあった英語の本を探そう
  2. アメリカを知る

    メモリアルデーはジョーンズビーチへ!ベスページ・エアショーの楽しみ方
  3. マラソンイベント

    ニューヨークのランニングコミュニティを支える!セントラルパークでボランティアに参…
  4. アメリカで子育て

    トイトレ開始前に読みたい!トイトレにおすすめの絵本
  5. アメリカで生活する

    食育にもぴったり!鈴木ファームの野菜が当たった嬉しいジャパンデーのイベント
PAGE TOP