アメリカで子育て

ドライブバイもおすすめ!コロナ禍のベビーシャワーのアイデアをご紹介

妊婦さんにとって出産前の楽しみなイベント、ベビーシャワー。

残念なことに、コロナ禍では大勢が集まってお祝いすることができません。

しかし、アメリカでは、ベビーシャワーは大切なイベントの一つなので、なんとか違う形でお祝いをしたいと考える人が多いようです。

今日は、アメリカのコロナ禍のベビーシャワーについてご紹介します。

コロナ禍のベビーシャワー

コロナウィルスの影響で、出産前に親戚や友人が集まってベビーシャワー(Baby Shower)をすることが難しくなっています。

現在は、実際に集まる代わりに以下のような方法でベビーシャワーを行うことが多いようです。

コロナ禍のベビーシャワーは・・・
  • 広い屋外でベビーシャワー
  • Zoomなどを利用したバーチャルベビーシャワー
  • Drive-byのベビーシャワーパレード

 

車のパレード(Drive-by Parade)は、コロナがアメリカで流行しだした昨年の春先からすぐに流行りだしました。

ドライブスルーのようなものですが、お祝いごとなので、Drive Through(通り過ぎる)よりも、Drive By(立ち寄る)という英語が使われることの方が多いようです。

広い屋外でベビーシャワー

公園やお庭など、屋外に机や椅子を用意して行うベビーシャワーです。

屋外でも人が集まると感染リスクが高まるため、おすすめはできませんが、感染対策をしつつ、小人数で行っている人たちもいるようです。

バーチャルベビーシャワー

ZoomやSkypeなどを利用した、バーチャルベビーシャワー。バーチャルベビーシャワーの場合、主催者は、妊婦さんになります。

モニター越しにはなりますが、あらかじめ送ってもらったプレゼントを開封して、みんなにお披露目したり、赤ちゃんや妊婦さんの最新の状況を伝えたりすることができます。

感染リスクを最小限に抑えながら、お互いの顔を見られるというのが最大のメリットです。

人気のあるバーチャルベビシャワーのゲームは・・・

Kahoot

Kahootは、アメリカの学校ではとてもメジャーなクイズゲームです。アカウントを作成する必要がありますが、10名までなら無料でゲームを楽しめます。

ビンゴゲーム

誰もがルールも知っているので、バーチャル環境でも簡単にできます。

Drive-by(ドライブバイ)のベビーシャワーパレード

ドライブバイのベビーシャワーの場合、主催者は妊婦さんになります。

ドライブバイベビーシャワーの良いところ
  • 主催者側も参加者側も準備が簡単
  • コロナの感染リスクを抑えながら、対面でお祝いができる
  • コロナ禍ならではの良い思い出になる

主催者(妊婦・カップル)の準備

  • パレードの場所(主催者の家の場所)、集合場所(パレード開始場所)、開始時間を参加者に事前に連絡します。
  • 集合場所は、隣の家や、その家が見える角など車が停車しやすい場所を選びましょう。
  • 参加者にプレゼントをもらったり、渡したいお礼の品がある場合は、長机を用意しておきます。
  • パレードの場所となる家の前庭は、BabyshowerのLawn Sign(看板)をさしたり、バルーンを用意したりして、デコレーションします。

参加者の準備

  • 参加者は、数分前に集合場所に到着するようにします。
  • 車に車用のペンでデコレーションをしたり、垂れ幕(バナー)を飾ったり、車のサンルーフからバルーンやメッセージを掲げる準備をします。
  • パレード開始時間になったら、先頭の車から、ハッピーバースデーのメッセージを叫んだり、クラクションを鳴らしたり、ミュージックをかけながら、主催者のお家の前を通りすぎて行きます。

 

ベビーシャワー以外のドライブバイパレード

コロナ禍ならではのドライブバイパレード。

他にも・・・

  • 誕生日祝い
  • 卒園式

がドライブバイパレードで行われました。

 

私の息子も昨年はコロナ自粛生活中にバースデーを迎えたため、クラスメイトや友人にお願いをして、Drive-byのBirthday Parade(バースデーパレード)を行いました。

初めての経験でしたが、クラスメイトのほとんどが集まってくれて、車越しとはいえ、久々にお友達や先生に会えて、息子もとても喜んでいました。いつも大掛かりな誕生日パーティーの準備に追われているアメリカのパパやママ。カーパレードの方が簡単でいいね、なんていう会話も飛び交っていました。

昨年の春から夏の自粛期間中に誕生日を迎えた長男のクラスメイトは、車でのバースデーパレードを行う人が多かったです。

主催者によっては、名前や年齢入りの看板を前庭にさしてデコレーションしたり、大きな風船で家の周りを飾ったり、パレード参加者にGoodie Bag(小さなはおもちゃやお菓子が入った袋)やカップケーキを用意してくれたりしました。

バナーをつけたり、手作りのメッセージボードを掲げてくれたお友達。

バルーンを沢山見せてくれたお友達もいました。驚いたことに、クラスメイトのほとんどが、サンルーフ付きの車に乗っていました。

昨年の6月は学校に行けない状態だったため、長男の幼稚園の卒業式もDrive-byのカーパレードでした。

大きな風船のアーチが設けられていて、先生たちが待ってくれている学校の敷地中を車でゆっくり進んで行きました。

大きな消防車やパトカーもたくさん待機していて、クラクションやサイレンを鳴らして、パレードを盛り上げてくれました。

コロナ禍ならではのドライブバイの車のパレード。とてもアメリカらしい面白いアイデアです。

車にも使えるペンがあると、色々なカーパレードの時に使えるので便利です。

まとめ

今日は、アメリカのコロナ禍でのベビーシャワーのアイデアをご紹介しました。

妊婦さんにとってはとても楽しなイベントのベビーシャワーもコロナの影響でなかなか開催することができない状態ですが、新しいアイデアで楽しんでいる人たちもいるようです。

赤ちゃんが生まれてくる前の貴重なイベント、安全、安心を第一に、良い思い出作りができれば良いですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカを知る

    サンタや家族にZoomで会える!クリスマス、ホリデーシーズンはZoomが無料

    今年のホリデーシーズンは、コロナウィルスの影響で沢山の人が集まってお祝…

  2. アメリカを知る

    親も参加できる!アメリカのプレスクールでのお誕生日会

    アメリカでは公立の幼稚園(キンダーガーデン)に通う前にプレスクール・プ…

  3. アメリカを知る

    Martin Luther King Jr. Dayとは?キンダーガーデンで学ぶこととおすすめの絵本…

    1月の祝日の一つに、アメリカのマーティン・ルーサー・キング・ジュニア・…

  4. アメリカで子育て

    特典を利用して賢く出産準備!アメリカのおすすめベビーレジストリ

    数年前ですが、アメリカ、ニューヨークで出産をしたので、少しずつ出産情報…

  5. アメリカで子育て

    お米を使ってRを学ぶ!アメリカのプレスクールのABCの学び方

    アメリカのニューヨークのプレスクールに通っている3歳の息子。と…

  6. アメリカで子育て

    キンダーガーデンは何歳から?ニューヨーク州の学校事情

    昨年9月から息子がニューヨークのキンダーガーデンに通い始めました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカで子育て

    キッチンペーパーで発芽実験!BuzzyのGrow Kitを使って種まき
  2. アメリカで生活する

    アメリカのSTEM教育!クレイドル航空博物館のSTEMハロウィンイベント
  3. アメリカで子育て

    歯医者の検診は何歳から?アメリカの小児歯科はこんなところ
  4. アメリカを知る

    サンクスギビングもリモートに?今年のサンクスギビングはZoomが無料で利用可能
  5. マラソンイベント

    キッズレース参加のためにブロンクスへ。広大な公園で3歳児レース!
PAGE TOP