アメリカを知る

アメリカのニューヨークでコロナの濃厚接触者になった時の対応は?

年明け、アメリカでもコロナウィルスの感染者は増える一方です(最新の情報はこちらから)。

アメリカ、ニューヨークのキンダーガーデンに通っている息子ですが、ついに、学区全体がリモートラーニング(リモート学習)へ移行しました。学校職員の感染者と濃厚接触者が増え、人員不足となったことが原因です。クラスター感染が起きた訳ではないので、リモート措置は一週間のみ、来週には in person(対面式)の授業に戻る予定です。

リモートラーニングに移行した今週の頭、息子のクラスメイトの一人がコロナウィルスにかかったと学校から連絡が入りました。常に学校ではマスクをし、机にはプラスチック製のガードがあり、休み時間以外はお友達と6 feet(約180cm)以上離れた状況で、過ごしていますが、息子もClose Contact=濃厚接触者となりました。

今日は、コロナウィルスのClose Contact(濃厚接触者)に対するニューヨークの学校と政府の対応をご紹介します。

学校の対応

学校からは陽性者が出た翌日に、クラスの生徒と先生全員が10日間、自主隔離(Quarantine)をし、健康状態を見守るようにとEメールで連絡が入りました。

隔離期間は、自宅からのリモートラーニングになります。

幸い、息子たちにコロナの症状は出ていません。濃厚接触者の家族や兄弟に対する制限は特にはありませんが、念のため、長男の自粛期間中は次男も学校を休ませました。

10日間の隔離生活終了後、コロナの症状が出ていない場合は、住んでいる郡の保健局(Department of Health)が発行するRelease Letter(Release from Quarantine Notice)を取得し、学校のNurse(保健室の担当者)に送付してから、学校に戻るようにのことでした。

Release Letterは、オンラインで申請が可能で、10日間の隔離義務が終了した後に発行を依頼できます。未成年者の場合は、保護者の氏名・連絡先などと、コロナの濃厚接触者もしくは陽性となった子供の氏名や誕生日などを入力し、現在コロナの症状が出ていないこと、残り4日間(コロナ陽性者との接触後合計14日間)は特に感染予防、体調の変化に気をつけることなどを約束しますという文面でした。

政府(ニューヨーク州、郡)の対応

NYS Contact Tracingからの連絡

ニューヨーク州のNYS Contact Tracingという部門から電話がありました。

NYS Contact Tracingはニューヨーク州がコロナウィルス(Covid-19)対策のために設置した正式な部門なので、NYS Contact Tracing (518-387-9993)からきた電話は取りましょう

下記は、NYS Tracingとの電話でのやりとりとその後の対応です。

  • NYS Tracingからの質問内容
    • 息子の親権者であるかどうかの確認
    • 保護者(私)の名前
    • 息子がコロナウィルスの濃厚接触者となったことを知っているかの確認
    • 息子の生年月日
    • 息子の住所
    • 保護者のEメールアドレス
    • 保護者の電話番号
    • 学校に最後に行った日(コロナウィルスの感染者と接触した可能性がある日)
    • 通学手段
    • 住宅(アパートなどの集合住宅か)
    • 家族構成
    • コロナの症状があるかの確認
  • NYS Tracingからのアドバイス
    • 子供が小さいので難しいことは理解しているが、可能な限り、家族内でもマスクをする、距離を取るなど、感染対策を取るようにとのことでした。
    • 濃厚接触者であっても症状が出ていない限り、PCR検査は必須ではないとのこと。

NYS Contact Tracingからの連絡後

こちらから伝えたEメールアドレスと携帯電話ににアドバイスや簡単なSurvey(質問)を送るとのことでした。

  • 携帯電話にテキストメッセージが届く

テキストメッセージで届いた健康状態を確認するための質問は、本当に簡単なもので、

Have you had any symptoms today?  1: Yes, 2: No

という質問でした。

2: Noと回答したところ、あと何日間(10日間の隔離期間の間)は、経過観察期間として質問を送るというメッセージが届きました。

  • Eメールアドレスにメッセージが届く

私はロングアイランドに住んでいるので、ロングアイランドの郡から、コロナ関連の情報のアップデートと、正式に10日間の自主隔離を命じるメール(以下は抜粋)が届きました。コロナウィルスの陽性者との接触後10日以内にコロナの症状(熱、寒気、咳、息切れ、倦怠感・疲れ、筋肉や体の痛み、頭痛、味覚または嗅覚の消失、喉の痛み、鼻づまり、鼻水、めまい、吐き気、下痢)がなければ、自主隔離を終了しても良いとのこと。

YOU ARE HEREBY ORDERED to maintain yourself in QUARANTINE at your current home or any other location deemed appropriate as authorized by Department of Health. You can end your quarantine after ten (10) days without a testing requirement if no symptoms (fever or chills, cough, shortness of breath or difficulty breathing, fatigue, muscle or body aches, headache, new loss of taste or smell, sore throat, congestion or runny nose, nausea or vomiting, diarrhea) have been reported during the quarantine period and if the following additional conditions are met:

•       You continue daily symptom monitoring for Fourteen (14) Days from the last date of close contact with a confirmed or suspect COVID-19 case; AND
•       You continue strict hand hygiene and the use of face coverings through Day 14; AND
•       If you develop any symptoms, you should immediately self-isolate and contact your healthcare provider to report this change and determine if you should seek COVID-19 testing.

偽アカウントには要注意!

NYS TracingのホームーページでTracingを行う人(Contact Tracer)を募集していることからも分かりますが、電話の対応者はトレーニングを受け、マニュアルに沿った対応をしています。

NYS Contact Tracingは濃厚接触者の健康状態を確認するのが目的であるため、

ソーシャルセキュリティ番号(SSN)、個人的な金融情報、クレジットカード情報に関する質問をすることは一切ありません。また、不審なリンクなどを送ることはありません。

英語原文でも下記のように明記されています:

A contact tracer will:
NEVER ask for your Social Security number
NEVER ask for any private financial information
NEVER ask for credit card information
NEVER send you a link without proper authentication procedures

コロナウィルスの流行に乗じたフィッシング詐欺なども増えているので、不審なEメールやテキストメッセージ、電話番号からの連絡には十分に気をつけてください

NYCの対策 Don’t Wait. Separate.

NYC(ニューヨーク市)のテスト・トレース組合では、コロナウィルス(Covid-19)の陽性者、もしくは、濃厚接触者に対し、安全に隔離生活を送れるように、無償でホテルや食事を提供するサービスがあるようです。

NYC Health + Hospitalsからの抜粋:The NYC Test & Trace Corps will make sure that anyone who tests positive for COVID-19 and their close contacts will have the resources needed to safely separate in a hotel, free of charge, or at home to help prevent the spread of the virus. NYC Test & Trace Corps Contact Tracers can refer to the hotel program or anyone can call 1-212-COVID19 (212-268-4319) to book a room.

まとめ

今日は、アメリカのニューヨークで濃厚接触者となった場合の学校や政府の対応をご紹介しました。

息子のクラスメイトがコロナウィルスの濃厚接触者となり、改めて、コロナウィルスの脅威がすぐ近くまできていると感じました。

一方で、コロナ感染対策のシステムが整えられ、トレーシングもスムーズに行えるようになっていることもわかりました。もちろん濃厚接触者、陽性にならないことが一番ですが、ワクチン配布も含め、事態を少しでも改善する動きがあることは、前向きに捉えたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

関連記事

  1. ニューヨークのコロナ事情

    まさにコロナ禍。10月下旬のマンハッタンの様子

    先日パスポート更新のため、数ヶ月ぶりにマンハッタンに行ってきました。…

  2. アメリカを知る

    サンクスギビングもリモートに?今年のサンクスギビングはZoomが無料で利用可能

    世界中で猛威を奮い続けているコロナウィルス。家族・親戚が集う日本のお正…

  3. アメリカを知る

    アメリカのプリスクールでの誕生日は家族イベント!親も積極的に参加しましょう

    こんにちは、ロイです。アメリカでの生活も15年目が終わろうとし…

  4. アメリカで子育て

    簡単!季節や自然を感じながら楽しめるおすすめの工作

    お家時間が増えている今、おもちゃやお家遊びに飽きてしまうことはありませ…

  5. アメリカで生活する

    アメリカのSTEM教育!クレイドル航空博物館のSTEMハロウィンイベント

    ハロウィンの前日、ロングアイランドのガーデンシティ(Garden Ci…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカを知る

    ソーシャルディスタンスを保ちながら楽しめるハロウィンイベント!スカベンジャーハン…
  2. ランニング情報

    数字で見るニューヨークシティマラソン抽選枠での参加の可能性
  3. アメリカで走る

    ニューヨークでのランニングを思い出に残したい!最適なアクションカメラの紹介
  4. アメリカを知る

    Netflixが1年間無料?!コロナ禍のフィッシング詐欺には要注意!
  5. 地球一周チャレンジ

    地球一周チャレンジ #4
PAGE TOP