アメリカを知る

100歳の格好をして学校に行く日!アメリカの学校の100 Days of Schoolとは?

アメリカの学校では、なぜか、100 Days of School といって、学校に行き始めて、通算100日目となる日にお祝いします。

今日は、この不思議な風習、100 Days of School についてご紹介します。

100 Days of School とは?

100 Days of School、もしくは、The 100th Day of Schoolは、言葉の通り、その年、学校に通い始めてから100日目となる日のこと。

アメリカの学校は9月に始まるので、冬の時期(1月から2月の間くらい)に100日目を迎えることが多いです。

土日、祝日、冬休み(リセス)などは除き、その年の純粋に学校に通った日を数えます。

長男の学校では、今年はコロナの影響で学校の開始が遅れたり、年末の冬休みが長めだったこともあり、つい先日、100日目のお祝いをしてきました。

学校では、ほぼ毎日、先生と一緒に、ボードなどを使って、今日は学校に通い始めて何日目か、という確認をします。

プレスクールでも、サークルタイム(輪になって座って、先生や友達の話を聞いたりする時間)に、その日の日付、曜日、天気などと一緒に、今日は何日目か、という記録を大きなボードに付けていました。

なぜ100 Days of Schoolをお祝いするの?

基本的には、プレスクールからセカンドグレイド=2年生までの子供たちが、100までの数を覚えたり、数えたりできるようになるようにという数字の勉強の一環です。

特に起源はないようで、自然にアメリカの多くの学校で取り入れられて、採用されているようです。

100という区切りの良い、大きな数字は、子供たちの印象にも残りやすく、アメリカの子供たちが大好きなイベントの一つのようです。

100日間も学校に通ってすごい!という達成感を味わう機会でもあり、毎日学校に通うことを楽しみにしてもらうモチベーションにもなっているようです。

100 Days of Schoolには何をするの?

100 Days of School に関するお絵かきをしたり、簡単な帽子を作ったりするようです。

キンダーガーデンの長男は、小さなパスタを100個、ひたすら表に貼り付けるという作業をしたようです。

工作用ボンドがこの日でなくなりました・・・

もう少し上の学年では、100にちなんで、100歳の格好をして学校に行こう!ということで、おじいちゃんやおばあちゃんの格好をして学校に行くことも多いようです。

アメリカらしく、スプレーで髪の毛を染めたり、ウィッグをつけたり、おばあちゃん風のメイクをしたり、仮装を思いっきり楽しめる日でもあるようです。

どんな仮装をさせようか迷った時は、Pinterestなどで検索をすると、お年寄りの仮装をした子供たちの画像が出てくるので、参考になりそうです。

Amazon.comでも、100 Days of School用の仮装グッズが売り出されています↓

 

また、Dr. Suess(ドクタースースの作者、セオドア・スース・ガイゼル(Theodor Seuss Geisel)の誕生日が3月2日なので、100 Days of School の時期にDr. Suessのお誕生日をお祝いをすることもあるようです。

キンダーガーデンに通う5歳の長男は、Dr. SuessのThe cat in the hatの帽子を作ってきました。次男もプレスクールで、Dr. Suessの本を読んできたようです。

Dr. Suessは、英語の韻(Rhyme)を活用した子供向けの本として非常に有名で、英語の基本となる、フォニックスやスペリングを学ぶのに重宝されている本でもあります。

絵のタッチが独特で、日本人が好むような可愛らしいキャラクターではありませんが、突拍子もないストーリーやひたすらリズミカルに繰り返される韻を踏んだ言葉が面白いようで、息子たちもDr. Suessの本が大好きです。

一番はじめに読む本としては、Hop on Popがおすすめです。

Dr. Suessの本は読み聞かせをするには少し長めですが、Hop on Popはひたすら韻を踏んでいる言葉が出てくるだけなので、簡単です。

我が家では、子供が1歳くらいの頃から読み聞かせをしていました。

 

一番有名なのは、The Cat In The Hat。帽子をかぶった猫が繰り広げる、不思議で面白いストーリです。

The Foot Book、Green Eggs and Hamも初級レベル向けで読みやすく、子供たちも笑いながら読んでいます。

まとめ

今日は、アメリカの学校の不思議な風習、100 Days of School についてご紹介しました。

学校により、お祝いをする時期やお祝い方法は異なると思いますが、どうせなら、100までの数字も楽しく覚えよう!という、アメリカらしく面白い取り組みだと思います。

100という一つの大きな区切りとなる数字は、子供たちにとっても印象的で、先生たちの工夫により達成感も味わえるようで、100 Days of Schoolの日は、いつも子供もニコニコの笑顔で帰ってきます。

今年はコロナの影響で、リモート学習のまま100 Days of Schoolを迎えている子供たちもいると思いますが、来年はより多くの子供たちが、学校で100 Days of Schoolをお祝いできますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカを知る

    サンクスギビングもリモートに?今年のサンクスギビングはZoomが無料で利用可能

    世界中で猛威を奮い続けているコロナウィルス。家族・親戚が集う日本のお正…

  2. アメリカで子育て

    ターゲットで発見!歴代大統領や米国50州、ソーラーシステムを学べる1ドル絵本

    ターゲットのダラースポット(Dollar Spot)で売っている1ドル…

  3. アメリカを知る

    親も参加できる!アメリカのプレスクールでのお誕生日会

    アメリカでは公立の幼稚園(キンダーガーデン)に通う前にプレスクール・プ…

  4. アメリカで子育て

    英語でサナギは何という?アメリカのキンダーガーデンで学ぶ、Chrysalis、Cocoon、Pupa…

    英語でサナギって・・・実はいろいろな言い方があるってご存知でしたか?…

  5. アメリカで子育て

    賞品総額1万ドル!ロメロ・ブリットの塗り絵コンテスト

    現代ポップアーティストのロメロ・ブリット。アメリカの教育現場で…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカで生活する

    アメリカのおやつ事情!学校おすすめスナックと我が家の定番スナック
  2. 地球一周チャレンジ

    地球一周チャレンジ #11
  3. 行事・文化

    初めての生木のクリスマスツリーを購入する方へ!手入れのための知っ得情報
  4. ランニング情報

    ニューヨークで大人気!ランニングの水分補給を助けるNUUN
  5. アメリカで遊ぶ

    アメリカ人も靴を脱ぐ!赤ちゃんも安心して遊べる屋内施設、Once Upon A …
PAGE TOP