アメリカで子育て

歯医者の検診は何歳から?アメリカの小児歯科はこんなところ

アメリカのニューヨークで暮らす子供たち。

夫の会社の歯科保険を利用して、年に二回、定期的に歯科検診を受けています。

今日は、アメリカの小児歯科についてご紹介します。

検診の前に・・・

歯科保険

通常、アメリカの歯科保険では、年二回の定期検診(Prevetive Dental Care, Check up)が受けられるようになっています。

小児歯科に行く前にまず確認!
  • アメリカでは歯科保険は、健康保険とは別!

まずは、自分の入っている歯科保険(Dental Insurance, Dental Plan)の保険会社とプラン、利用しようとしている歯医者でその保険が適用されるかを確認しましょう。

 

歯医者によっては、保険は適用されないけれど、治療は受け付けます、という言い方をしてくる場合があります。しかし、保険が適用されないと、歯科検診だけでも300ドル以上取られる場合があるので、要注意です。

初診の検診の場合のみ、保険がなくても、100ドルや99ドルで受け付けている場合もあります。

子供たちは、夫の会社の歯科保険を使用しています。以前のプランでは、年二回の定期検診を受けるのに100ドルかかっていましたが、新しいプランでは、歯科検診が無料になりました。ちなみに私は歯科保険がないので、ひたすらリステリンで歯の健康を保っています。

初めての歯科検診は何歳?

我が家の息子たちは、2歳過ぎに、初めての歯科検診を受けました。

ナーサリーに提出する書類の一つに、Dental Formというものがあり、行きつけの歯医者の情報を書く欄があったので、入園前に行くことにしました。

簡単なチェックアップは小児科の定期検診でしていたこと、1歳から2歳はお昼寝もしたり、イヤイヤ期もあったり、なかなか検診に行くのが難しかったというのが個人的な感想です。

推奨年齢と実際の年齢

AAPD(American Academy of Pediatric Dentistry)では、最初の歯が生えてから、もしくは、1歳になる前に歯科検診を受けることを推奨しています。

しかし、2009年にAmerican children’s oral healthが実施した調査によると、初めての歯科検診の年齢の平均は2.6歳とのこと。

アメリカの小児歯科

アメリカの小児歯科はこんなところ

子供には小児歯科がおすすめです。

アメリカでは、小児歯科は、Pediatric Dentistry、とか、Child Dentistry、と呼ばれています。

小児歯科では、先生や歯科助手の人たちも子供に慣れているので安心です。

また、子供専用の歯医者さんなので、施設自体が子供向けに作られています。診察室も子供用にデコレーションされていて、子供でも入りやすい雰囲気になっていることが多いです。

小児歯科のおすすめポイント

  • 待合室や診察室が可愛い: 診察室の壁などにもシールが貼ってあったり、デコレーションがしてあったり、子供が楽しくなる工夫が施されています。

歯医者さんとは思えないような可愛い壁。

こちらは診察室の壁。

  • 子供向けの設備が充実している: 待合室にiPadが置いてあったり、おもちゃが置いてあるところが多いです(現在は、コロナの影響で待合室自体が使用できませんが・・・)。診察中にもテレビが見られるように、診察台の上にもテレビがついている歯医者さんもあります。

コロナ前の写真ですが、待合室にはiPad。磁石のブロックもありました。

診察台にも工夫がたくさん。寝ながらテレビも見れます。

  • ちょっとしたPrize(プライズ=ご褒美)が用意されている: 子供たちが行っている歯医者では、好きなシールと好きなおもちゃを選ばせてくれます。おもちゃは小さなコマやミニカー、スーパーボールなど、アメリカのよくある小さなプライズ(親からしたらガラクタ・・・)ですが、子供たちはいつも楽しみにしています。

今回もらえたのは、シール(5種類くらいの中から選べます)、コマ、歯ブラシ、歯磨き粉、デンタルフロスでした。サンスターのフロスはミントの香りのものだったので、息子は少し嫌がっていましたが、クーポンが入っていました。

以前もらった海の生き物がテーマのデンタルフロスの試供品。子供も興味津々で、フロスも嫌がらずにさせてくれました。

小児歯科での検診の流れ

現在は、コロナ対策のため、まず入室時におでこで体温を測ります。

入室後、息子たちが通う歯医者では、治療中、眩しくないようにサングラスをかけます。

寝転んだ上にもモニターがあり、子供が好きなテレビ番組を流してくれます。

検診はとてもシンプル。

歯科助手の人が、電動ブラシを使って歯磨きをしてくれます。必要に応じて、デンタルフロスなどで汚れをとり、最後にフッ素(fluoride)を塗って終了です。

歯磨き粉やフッ素は、いちご味、さくらんぼ味、バブルガム味などの中から、好きなフレーバーを選びます。

先生がやってきて、歯磨きのアドバイスや、歯の状態、次の治療や検診についてのアドバイスをくれます。

最後にご褒美として小さなおもちゃやシールをもらって検診終了。

受付で、次回の検診の予約をして終わりです。

アメリカの子供用歯磨き粉

アメリカの子供用歯磨き粉、低年齢向けはFluoride Free(フッ素なし)のものが多いです。

フッ素あり(Flouroide)の歯磨きを使う場合は、使用する歯磨き粉の量は、3歳未満は米粒くらいの大きさ、3歳から6歳までは豆くらいの大きさにするように推奨されています。

サンスター(Sunstar)のGUMからは、クレヨンのクレヨラとコラボした子供向けの歯磨き粉(フッ素入り)やフロスも出てます。


ちなみに、全米の水道水の70%以上にフッ素が含まれているので、アメリカに来てから虫歯ができにくくなったという人もいます。

住んでいる地域にどれくらいのフッ素が含まれているのかは、こちらのサイトで確認できます(情報提供をしていない州もあります)。

まとめ

今日は、アメリカの小児歯科についてご紹介しました。

小児歯科といってももちろん場所により様々だと思いますが、基本的に子供たちが定期的な検診や治療に来るのが嫌にならないような工夫がされているかと思います。

まずは、保険の適用可否の確認が一番ですが、もし、初めての子供の歯科検診に悩んでいたら、小児歯科を探してみるのも良いと思います。

🔖 あわせて読みたい

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカで子育て

    お米を使ってRを学ぶ!アメリカのプレスクールのABCの学び方

    アメリカのニューヨークのプレスクールに通っている3歳の息子。と…

  2. アメリカで子育て

    桜が満開のニューヨークで七五三写真!おすすめの撮影・着付けプラン

    ニューヨークで七五三写真を撮りました!元々は日本に帰って写真を…

  3. アメリカで子育て

    二本に見える一本の歯?癒合歯だった息子の前歯が抜けたはなし

    癒合歯って聞いたことがありますか?英語では、Tooth Fus…

  4. アメリカを知る

    キンダーガーデンでお金の勉強!アメリカのプレジデンツデー

    アメリカでは、2月の第3月曜日は、プレジデンツデー(President…

  5. アメリカを知る

    『はだいろ』は何色?クレヨラのクレヨンには肌色が24色

    アメリカ、ニューヨークのキンダーガーデンに通っている息子。先日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカで子育て

    お家でカラオケも楽しめる!アメリカでおすすめ、VTechの知育玩具
  2. 行事・文化

    初めての生木のクリスマスツリーを購入する方へ!手入れのための知っ得情報
  3. アメリカで生活する

    アメリカのダイソー!楽しいけれど、日曜のNJ店ではスリッパは買えません
  4. アメリカを知る

    ニューヨーク州でコロナワクチン接種!予約取るなら今がチャンス
  5. アメリカで食べる

    アメリカにはコーンスープがない?!あるものでできる簡単コーンスープ
PAGE TOP