アメリカで走る

超絶楽しい!ウォルトディズニーワールドマラソンの体験レポート

毎年1月にフロリダ州オーランドにあるウォルトディズニーワールドでマラソンイベントが行われます。

イベントの名前は「Walt Disney World Marathon Weekend」。RunDisneyという名前で一年中様々なテーマでマラソンイベントがウォルトディズニーワールド内で開催されているのですが、フルマラソンが開催されるのはこの時期だけ。

私はフルマラソンに挑戦したのですが、ディズニーファンはもちろん、そうでない方もめちゃくちゃ楽しめるイベントでした!

そのマラソンイベントのレポートしたいと思います。

動画はこちら↓

広大なエリアを誇るウォルトディズニーワールド

ウォルトディズニーワールドはディズニーランドといった一テーマパークではなく、オーランドの街から南西に位置するエリア全体をディズニーの都市にしてしまったエリアです。

その広さは山手線が2つすっぽり入ってしまうほどと言われています。

ウォルトディズニーワールド内にはマジックキングダム、アニマルキングダム、ハリウッドスタジオ、エプコットという4大テーマパークに加えウォーターパーク、ゴルフコースや多くのリゾートホテルなど多く存在していて、超巨大な施設群となっています。

あまりに広大なエリアな為移動は車かバス。ウォルトディズニーワールド内をアクセスする専用のバスが走っています。

1971年に開園したウォルトディズニーワールドですが、敷地内では多くの工事中エリアが点在していて、これからももっと施設が増えていくそうです。

ウォルトディズニーワールドマラソンは全部で6種類

Walt Disney World Marathon Weekendは週末を含む4日間に渡るイベントです。2019年は1月10日(木)〜13日(日)まででした。以下がイベントの種類と日程、金額です。

5キロマラソン1月10日85ドル
10キロマラソン1月11日125ドル
ハーフマラソン1月12日188ドル
フルマラソン1月13日188ドル
グーフィーチャレンジ1月12〜13日385ドル
ドーピーチャレンジ1月10〜13日585ドル

グーフィーチャレンジとはハーフマラソンとフルマラソンの両方チャレンジです。メダルはハーフ、フル、グーフィーチャレンジ用の3つもらえます。

ドーピーチャレンジは4種のマラソン全てに挑戦です。メダルは4種類+グーフィーチャレンジ用、ドーピーチャレンジ用の計6つがもらえます。イベントに参加して思ったのですが、このドーピーチャレンジをしているランナーが結構多かったです。

しかしさすがディズニー価格ですね。5キロマラソンですら85ドルです。悪く言うつもりはありませんが、滞在中の宿泊や食事もディズニーワールド内で済ませると結構な金額になるので、挑戦するにあたってマラソンの体力だけでなく経済的な体力も考えてしまいます。

フルマラソンのコースはマジックキングダム、アニマルキングダム、ハリウッドスタジオ、エプコットの4大テーマパーク+ESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックスというスポーツ施設を走ります。

ゼッケンはESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックスで前日まで行われているエクスポでピックアップします。

エプコットから朝5時30分スタートですが、マラソン当日は各ホテルからシャトルバスが用意されているのでスムーズに移動が可能です。

ウォルトディズニーワールドマラソン体験レポート

私がオーランドに到着したのはフルマラソン前日。レンタカーを借りてウォルトディズニーワールドへ直行です。

ザ・フロリダの天気と言わんばかりの快晴。最高すぎます。

空港からウォルトディズニーワールドまで車で30分。道もわかりやすくスムーズに移動ができます。

マラソンウィークエンド期間中はESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックスでイベントのエクスポが行われています。前日だと15時までに明日に向けてのゼッケンとTシャツをピックしないといけません。

もちろんマラソンのオフィシャルグッズも売られています。ディズニーファンでなくともとても魅力的な商品がいっぱい!

ゼッケンとTシャツをピックした後は、すぐにホテルにチェックイン。移動の疲れもあったので、この日はゆっくり過ごしました。レースが翌朝の5時30分スタートで、ホテルからのシャトルバス出発が3時30分ということで早めに休みます。

ホテルに乗り込みスタート地点のあるエプコットへ。2時間ほどスタートまで待ちますが、朝食を購入できる売店が用意されています。基本的にディズニー宿泊者はバンドを付けておりこれが自分のクレジットカードと紐づいているので、キャッシュやクレジットカードを持たずに買い物ができます。

会場には特設ステージがあり、ミッキー、ミニー、グーフィー、ドーピーと一緒に写真が撮れるようになっています。それぞれのキャラクターとの撮影待ち時間は20〜30分くらいなので、全キャラ制覇するとあっという間に2時間は経ってしまいます。

ランナーはそれぞれコーラルで分けられてスタート地点でスタンバイ。「よーい、スタート!」の掛け声はミッキーがしてくれます!

さあ、スタートです!ウォルトディズニーワールド内を走る長い長いマラソンの始まりです。マイル毎にディズニーキャラクターと撮影できるようになっており、次は何のキャラかワクワクします。

ほとんどのランナーはディズニーを満喫して走っているのであまりスピードや時間は気にせず気楽に走っている様子でした。

エプコット(スタート)→マジックキングダム→アニマルキングダム→ESPNワイド・ワールド・オブ・スポーツ・コンプレックス→ハリウッドスタジオ→そしてエプコット(ゴール)という順に走ります。

走り始めの時間帯は夜明け前で暗いですが、走っていると開演時間を迎え入場者もランナーを応援してくれてとても力をもらいます。

終わってみると感動しかないマラソンイベント

ディズニーファンでなくとも本当に楽しめるマラソンで、ゴール前は本当に感動でした。

朝早かったり、冬なのに真夏のような陽射しを受けたりなかなか調整が難しいところもありましたが、時間とお金をかけた価値が大いにある経験でした。

ランナーだけでなく応援する方々含め全員がディズニーの魔法にかかったかのように、楽しく感動のひと時を味わえていたように感じます。

もし冬にウォルトディズニーワールドに遊びに行ってみようという方は、フルマラソンでなくても、小さなマラソンに参加して感動を体験してもらえたらと思います。

 

あなたにおすすめの記事

  1. マラソンイベント

    ディズニー主催のバーチャルランニングイベントに参加してみた

    過去の今流行りのバーチャルランニングとは!?でお伝えしたディズニーが主…

  2. アメリカで走る

    ついにランニング大使!Nuun Ambassadorに選ばれました

    2019年です!あけましておめでとうございます!いや本当に時が…

  3. アメリカで走る

    今後求められるマインドセット。それはブルドーザーになること

    ニューヨークにいると、駐在の方と出会うことが多いです。日本の本社から米…

  4. アメリカで走る

    【研究結果】ランニングは「若さ」を保つのか?

    健康と若さを目的としてランニングをしている方は多いと思います。…

  5. アメリカで走る

    微妙に違う?アメリカのマラソンレースで使われる英語の紹介

    コロナウイルスの影響で全米の至る所でマラソンイベントが行われていない昨…

  6. マラソンイベント

    ベースボール✖️マラソン?ニューヨークのユニークイベントの紹介

    以前NYRRというマラソン団体が主催するイベントの登録方法を紹介しまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカで生活する

    ターゲットで売り出し中!3ドル均一の可愛いオーナメント
  2. アメリカを知る

    サンタや家族にZoomで会える!クリスマス、ホリデーシーズンはZoomが無料
  3. アメリカで生活する

    ターゲットで思わず購入!3ドルのクリスマス柄のトイレットペーパー
  4. ランニング情報

    アメリカで駅伝は人気?ニューヨークで開催されたリレーマラソンのレポート
  5. ランニング情報

    ニューヨークで大人気!ランニングの水分補給を助けるNUUN
PAGE TOP