アメリカで子育て

人種差別的であるという理由で6冊が絶版に!それでも愛されるドクター・スースの絵本

英語を学ぶ時に非常に役に立つ、韻(Rhyme)やフォニックス(Phonics)。

ドクター・スースの絵本は、楽しくリズミカルな文章で、韻やフォニックス、基本的な英単語を学べるので、アメリカではとても人気のある絵本の一つです。

アメリカの学校では、ドクター・スースの誕生日のお祝いをするくらい、教育現場でも長く愛されている本です。

しかし、一方で、ドクター・スースが創り出す、極端に特徴を強調、ステレオタイプ化するようなキャラクターなどが、人種差別的であるという議論もあります。

今日は、アメリカで長く愛されているDr.Suess(ドクター・スース)の絵本についてご紹介します。

ドクター・スース(Dr.Suess)とは

ドクター・スース(Dr.Suess)とは、”The Cat In The Hat,””Green Eggs and Ham”などで有名な、絵本作家(同時に、児童文学作家、画家、漫画家でもある)、セオドア・スース・ガイゼル(Theodor Seuss Geisel)のペンネームです。

“The Cat In The Hat”を読んだことがない方でも、赤いしましま帽子をかぶった猫や、緑色のキャラクター、Grinch(グリンチ)の絵をどこかで見たことがあるということが多いのではないでしょうか。

ドクター・スースは、全部で40を超える作品を残しており、発行部数の合計は世界で6億部以上と言われています。

ドクター・スースのここがすごい!

彼は、1991年に亡くなっていますが、2020年のフォーブス誌によるセレブの死後収入ランキング(The Highest-Paid Dead Celebrities Of 2020)では、マイケル・ジャクソン氏についで、二位になっています。

 

セレブの死後収入ランキングの一位はマイケル・ジャクソン、三位はスヌーピーを描いた漫画家のチャールズ・シュルツと聞いただけでも、いかにドクター・スースの存在が大きいがわかります。

アメリカの学校で学ぶドクター・スース

アメリカの学校では、作者のセオドア・スース・ガイゼル(Theodor Seuss Geisel)の誕生日にちなんで、3月2日は、ドクター・スースの誕生日のお祝いをすることが多いようです。

ドクター・スースの絵本に出てくるキャラクターの仮装をするような学校もあるようですが、キンダーガーデンの長男は、The Cat In The Hatの猫の帽子を作ってきました。

プレスクールの次男は、ドクター・スースのキャラクターの塗り絵をしたり、絵本を読んできたりしたようです。

ドクター・スースの絵本の特徴
  • 韻(Rhyme)を踏んだ言葉と文章がふんだんに使われている。
  • 英語を読みはじめたばかりの子供たち(Early Reader)が読めるような英単語を使って書かれている。

 

韻を踏んだ文章は非常にリズミカルかつコミカルで、子供たちも自然と暗唱してしまうほどです。

また、安易な英単語を繰り返し使うことで、子供が自分で読めるような工夫がされています。

ドクター・スースの本を読むと、Rhymeの意味を理解し、自分でRhyming Words(韻を踏んでいる言葉)を見つけられるようになります。

 

例えば、”The Cat In The Hat”は、236語の基礎的な英単語だけで書かれています。

“Green Eggs And Ham”に至っては、たったの50単語!!

子供たちが、自分で読める!という自信を持つことができるのです。

ドクター・スースの本が一部廃刊に

2021年3月2日、ドクター・スースの絵本や作品の権利を管理している、ドクター・スース・エンタープライズ社(Dr. Seuss Enterprises)が、以下の6冊のドクター・スースの絵本を絶版(今後の出版を中止)にすると発表しました。

絶版となる6冊
  • “And to Think That I Saw It on Mulberry Street”(『マルベリーどおりのふしぎなできごと』)
  • “If I Ran the Zoo”
  • “McElligot’s Pool”
  • “On Beyond Zebra!”
  • “Scrambled Eggs Super!” (『おばけたまごのいりたまご』)
  • “The Cat’s Quizzer”

 

“And to Think That I Saw It on Mulberry Street”(『マルベリーどおりのふしぎなできごと』)は、出版社から出版された初めての著書であり、長くアメリカでは愛されている本だったので、衝撃を受けたアメリカ人も多かったようです。

絶版となる理由

These books portray people in ways that are hurtful and wrong.

(本に登場する人物の描かれ方が中傷的であり適切でないため。)

 

対象となる6冊は、人種差別的な描写があるという理由から絶版が決まりました。

例えば、”And to Think That I Saw It on Mulberry Street”では、”A Chinese man Who eats with sticks”という文言とともに、目が線のように細く描かれた人が、お箸とお碗を持って走っている絵が出てきます。

1979年に改定されるまでは、Chinese manは、Chinamanという記載で、顔は真黄色の色でした。

このような描写が、非常にステレオタイプであり、人種差別的であるという批判が昔から多くあったようです。

ちなみに、この中国人の絵は、キン肉マンでいうとラーメンマンのような絵です。

今の時代ではラーメンマンも問題視されるということかと思います。

ドクター・スースが有名になる前には、もっと極端に人種の特徴を描いた、明らかに人種差別的な絵や文章を書いている時もあったようです。

第二次世界大戦を生きたという時代背景もあり、日本人に対してもJap、というような差別的な発言をしていた時期もあったようです。

ちなみに絶版となっている絵本は、入手困難となったため、現在、アマゾンでは数百ドルの価格がついています。

おすすめのドクター・スース絵本、7選

Hop on Pop

一番初めに読むドクター・スースの本としておすすめ。

とても簡単!ドクター・スースの本は割と長い文章が多いですが、こちらは短いです。

1歳くらいからの読み聞かせにもぴったり。3歳頃からは自分で読めます。

The Foot Book

こちらも短めで簡単。足が沢山ある動物など、絵を見ているだけでも楽しく、数や色に関する言葉も学べます。

Ten Apples Up On Top!

りんごの季節(秋頃)には、学校でもよく読まれる本。

動物たちがりんごをどんどん頭にのせていきます。

この本を読んだあと、長男は学校で実際にりんごを何個頭に乗せられるかみんなで競争したそうです。

Cat In The Hat

ドクター・スースで一番有名な本。

3歳くらいからの読み聞かせ。5歳では自分で読むことができるくらいのレベルです。

ヘンテコな”Trick”をするネコや大暴れする”Thing 1,””Thing 2″、リズミカルな文章は子供の心を掴むようです。

多くの子供たちが、ドクター・スースを好きになるきっかけにもなる本だと思います。

Green Eggs and Ham

Sam I amと繰り広げられる、意味は不明だけれど面白いらしく、子供たちは爆笑しながら読んでいます。

Fox in Socks

ネイティブでない私には読むのが大変!舌が絡まりそうになるくらい、韻を踏む単語のオンパレード。

キンダーガーデンでも読んできたようで、一部ですが長男は暗唱していました。

There’s No Place Like Space!

初歩的な宇宙の情報を学ぶのにはぴったりのドクター・スース。

息子が通っている学校では、セカンドグレイドで、太陽系を暗唱するようなので、その時期に読むのも良いかもしれません。

まとめ

今日は、アメリカで子育てしていたら必ず出会う本、ドクター・スース(Dr.Suess)についてご紹介しました。

アメリカの学校ではよく読まれ、図書館や本屋さんでも必ず専用の棚があるほど人気のあるシリーズですが、人種差別的である、子供たちに間違った印象を与えてしまうというような理由で、一部の絵本の絶版が決まりました。

確かに、ドクター・スースの過去作や発言を知れば知るほど、複雑な思いになります。

しかし、それでもやはり、私は、ドクター・スースはこれからも愛される絵本であり続けると思います。

ドクター・スースの絵本は、小さな子供たちが本を読むこと、言葉遊びの楽しさを学ぶのには最適な本の一つであることには変わりはありません。

何よりも、韻が多用されている文章は、リズミカルで覚えやすく、読んでいて面白いです。

子供に読み聞かせをしてあげられるのも限られた時間だけなので、貴重な時間を楽しみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカを知る

    Martin Luther King Jr. Dayとは?キンダーガーデンで学ぶこととおすすめの絵本…

    1月の祝日の一つに、アメリカのマーティン・ルーサー・キング・ジュニア・…

  2. アメリカで子育て

    アメリカではパスタで学ぶ?!アメリカの幼児教育に欠かせない、はらぺこあおむしの魅力

    春の季節、アメリカの幼稚園や保育園で必ずと言っていいほど学んでくるのは…

  3. アメリカで生活する

    子供がニューヨークで花粉症に!アレルギーに効く薬や目薬はあるのか?!

    ニューヨークの郊外で暮らしている6歳の長男。3歳のころから花粉…

  4. アメリカで子育て

    幼児にぴったり!英語教育で欠かせない韻(Rhyme)を学べるおすすめ英語絵本

    アメリカのニューヨークのキンダーガーデンに通っている5歳の息子。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカで走る

    すぐに答えられますか?一番難しい質問は”WHO ARE YOU?&#…
  2. アメリカで子育て

    予防接種は4種類?!アメリカの4歳児健診
  3. アメリカで走る

    食事制限のダイエットは正しいのか?体重を減らすために知っておきたいこと
  4. マラソンイベント

    ニューヨークで子供向けランニングイベントに参加してみよう!
  5. アメリカで生活する

    マンハッタンから車で約1時間!子供と楽しめるベア・マウンテン
PAGE TOP