アメリカを知る

先生などにあげるギフトの予算は?アメリカのクリスマスギフト事情

アメリカではお世話になった人たちにクリスマスのギフトを贈る習慣があります。

日本人にはあまり馴染みにないことなので、いつ、誰に、どんなものをあげれば良いのかと悩むことも多いと思います。

今日は、アメリカのクリスマスギフト事情についてお伝えします。

クリスマスギフトを贈る相手

クリスマスギフトは、自分がお世話になった人に感謝の気持ちを伝えるものでもあります。

クリスマスギフトを贈る相手は?
  • 学校の先生
  • 習い事の先生
  • スクールバスのドライバー
  • 同僚や上司・部下
  • ゴミ収集車の清掃員
  • アパートの管理人やセキュリティの人
  • 親しいお友達の子ども・・・

などに渡すことが多いです。

 

Mailman(郵便配達員)にもあげるの?

郵便配達員にもあげる、という話を聞いたことがあります。

しかし、オフィシャルには、郵便配達員は現金もしくは現金に還元できるギフトカードや小切手は受け取れない決まりになっているようです(20ドル以下のプレゼントであれば受領できるとのこと)。

 

人気のあるクリスマスギフト

定番ギフトは?
  • ワインなどのお酒
  • マグカップ
  • キーチェーン
  • キャンドル
  • ハンドクリーム
  • ハンドソープ
  • バスボム(お風呂に入れる入浴剤)

などが人気のあるギフトです。


TJ-Maxxや、アート・クラフトショップのMichaelsなどでも可愛いギフトが沢山売り出されます。

甘いもの好きには?

などの高級チョコレート。


お店はニューヨーク市にしかありませんが、オンラインでのオーダー可能です。

 

迷った時は・・・?

一番便利で手軽なのは、何といってもギフトカード!

アメリカには本当に多くの種類のギフトカードがあります。

例えば・・・

  • クレジットカード(ビザ、マスターカード、アメックスなど)
  • アマゾン
  • iTune
  • スーパーマーケット
  • コーヒーチェーン
  • レストランチェーン
  • ディズニーストア
  • 映画
  • 本屋
  • レストラン
  • ディスカウントストア

など多くのお店でギフトカードが用意されています。


贈る方も何をあげようか考える必要がなく、もらった方も自分の好きなものが買えるので合理的。

相手がよく使うお店がわからない場合は、大手スーパーマーケットやアマゾン、ビザ・マスター・アメックスなどのクレジットカードのギフトカードがおすすめです。



  • クレジットカードの場合は、額面の金額+数ドルの手数料がかかります
  • 金額が指定されていないギフトカードを購入する場合は、バーコードスキャン後に自分で好きな金額を設定できます(購入時にレジの店員に伝える、セルフレジの場合は自分で金額を入力)

 

ギフトカードをプレゼントする際は、カードホルダー(カードや現金を差し込む場所)がついているクリスマスカードや小さな箱が便利です。

 

ちなみにスーパーマーケットのターゲットでは、毎年12月上旬にフトカードが10%オフで購入できる日があります。

2日間だけのお買い得なセール。クリスマスギフトを送る予定のある人は要チェックです。



ターゲットのギフトカード10%オフセール

【割引条件】

  • ターゲットサークル(Target Circle)の会員で、一回のみの購入
  • 購入時にアプリの提示が必要
  • 上限は500ドル
  • アメックス・ビザ・マスターカードなどは対象外

 

クリスマスギフトの予算

クリスマスギフトの予算は?
  • 学校の先生の場合、20ドルくらいが目安


通常、学校ではクラスごとにクラスペアレントと言って、クラス行事を仕切ってくれるクラスの代表者がいます。

クラスペアレントがいる場合は、彼らが代表してクラスのみんなから集金し、ギフトやギフトカードをプレゼントを用意してくれることが多いです。

その場合は、強制ではなくあくまでも任意参加ですが、先生1人につき、平均10ドルから20ドルくらいの金額を募っています。

私が働いていた時、直属のアメリカ人のボスはクリスマスに15ドル分くらいのギフトカードをくれました。

クラスメイトなどにばらまくギフトの場合は、もう少し安価(5ドル前後)でも良いかと思います。

私がもらったことがあるのは、可愛いココアや、ペーパーバックの本、小さなオーナメントなどです。

キンダーガーデンの先生からのクリスマスプレゼントは、絵本と鉛筆、水の塗り絵のWater Wow!でした。

プリスクールの先生からのクリスマスプレゼントは、絵本、ミニカー、シール、息子が作ったオーナメントなどでした。

クリスマスギフトを渡すタイミング

いつ渡す?
  • 当日、もしくは、休暇に入る直前の日


クリスマスの当日に会う予定の人たちには当日に、学校や職場などクリスマスにはお休みになる場合は、休暇に入る直前の日に渡しましょう。

学校や職場のクリスマスホリデー前日は小さなパーティーがあることが多いので、その際に渡すのが良いと思います。

(今年はコロナの影響でパーティーは開催されない場合が多いと思いますが・・・)

まとめ

今日は、アメリカのクリスマスギフト事情をご紹介しました。

初めは慣れない文化なので戸惑うことが多いかと思いますが、とてもアメリカらしい素敵な文化だと思います。

何にしようか、いくらにしようか、誰にあげようか、など迷うことが多いと思いますが、近所の人や学校のクラスメイト、同僚などに話を聞きながら、お世話になった人に感謝の気持ちを伝える日にしてみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカで子育て

    覚えるサイトワードは60語!アメリカの幼児英語教育、キンダーガーデンの英語の勉強

    アメリカのニューヨークのキンダーガーデンに通っている息子。家で…

  2. アメリカで子育て

    ストライダーはやっぱりすごい!3歳、補助輪なし自転車デビューへの道のり

    アメリカ、ニューヨークの郊外で暮らしている我が家ですが、先日、3歳の息…

  3. アメリカを知る

    徒歩5分でPCR検査!ニューヨークで無料のPCR検査を受けてきました

    ワクチン接種が可能になったとはいえ、一般人全員が受けられるのはまだまだ…

  4. アメリカを知る

    簡単に作れる!アメリカのサンクスギビングの定番料理

    アメリカの学校では、Thanksgiving Feast(サンクスギビ…

  5. アメリカで子育て

    ターゲットで発見!歴代大統領や米国50州、ソーラーシステムを学べる1ドル絵本

    ターゲットのダラースポット(Dollar Spot)で売っている1ドル…

  6. アメリカで子育て

    特典を利用して賢く出産準備!アメリカのおすすめベビーレジストリ

    数年前ですが、アメリカ、ニューヨークで出産をしたので、少しずつ出産情報…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカで遊ぶ

    STEM教育にぴったり!プラネタリウムも楽しめる、クレイドル航空博物館の見所ガイ…
  2. アメリカで子育て

    英語でサナギは何という?アメリカのキンダーガーデンで学ぶ、Chrysalis、C…
  3. アメリカで走る

    トレッドミルと外でのランの違いを埋める方法
  4. ランニング情報

    マンハッタンの街中を走るために知っておきたい5つの注意事項
  5. アメリカで生活する

    わずか9セント?!スマホアプリでアメリカのパスポート・ビザ用写真を用意する方法
PAGE TOP