アメリカを知る

サンクスギビングに食べたい!意外に簡単なローストターキー(Roast Turkey)の作り方

Happy Thanksgiving!!

アメリカのサンクスギビングは、日本でいうお正月のようなものだとよく言われています。

ご馳走を作って、家族や親戚とゆっくり過ごす人が多いようです。

サンクスギビング前のスーパーマーケットは、日本のお正月前のように大盛況!

サンクスギビング直前の火曜・水曜は、特にスーパーが混み合います。

我が家もサンクスギビング前に買い出しをすませて、サンクスギビング料理を作りました。

ターキーの丸焼きは、食べきれない、パサパサしていて美味しくない、飽きる、という声も良く聞きますが、我が家では、丸焼き挑戦がまだ三度目ということもあり、家族には好評です。

今日は、サンクスギビングに食べたい!意外に簡単なローストターキー(Roast Turkey)の作り方 についてご紹介します。

ターキーを選ぶ

まずは、スーパーマーケットなどで、ターキー(Turkey)を選びましょう。

おすすめのターキーのブランド(要解凍)

 

ButterballもNorbestも有名なブランドですが、リーズナブルな価格帯。

多くの店で取り扱いがあるので、手に入りやすく、味にも定評があります。

私の近所のスーパーマーケットでは、Butterballのものは1羽 約20ドル、Norbestのものは約30ドルでした。

ちなみに、解凍が必要なターキーは、中が凍っている状態で、冷蔵売り場に売られていることが多いです。

Butterballのターキー。青い包装で目立ちます。

Norbestのターキー。

解凍が不要な冷蔵のターキーは、冷凍のものに比べると少し高価です。

冷蔵のターキーでは、Murray’s、Bell & Evansなどブランドが有名です。

私の近所のスーパーマーケットでは、1羽 60ドルくらいでした。


各ブランドのホームページでは、ローストターキーのレシピが紹介されています。

ローストターキーの材料

ローストターキーの材料
  • ターキー(初めての場合は、小さめ=13パウンドから16パウンドくらいのものが作りやすい) 
  • 市販のスープストック 3パック(通常 1パック32 fl.oz. = 946ml)
  • 塩、胡椒(お好みの量) 
  • ガーリックパウダー(お好みの量)
  • バター(お好みの量)

  • スタッフィング用の野菜やフルーツ(レモン、オレンジ、リンゴ、タマネギをくし切りにしたもの)とハーブ(タイムとローズマリーなど)



  • スタッフィングには、野菜などの代わりに、バターライス、ガーリックライス、しょうゆ味のチャーハンなどを入れても美味しいです

ローストターキーの作り方

レシピブログのように正確な分量はありませんが、我が家のローストターキーの作り方をご紹介します。

ローストターキーの作り方
  1. 解凍する 
  2. 中身(内蔵など)を取り出す
  3. ターキーの外側と内側を洗ってから水分を拭き取る
  4. 焼く前日にブライン液に漬ける(Brine) 
  5. 味付けをする 
  6. スタッフィングを詰める 
  7. お尻と首の部分を縫って閉じる  
  8. ターキーの表面にガーリックバターを塗る 
  9. オーブンでターキーを焼く 
  10. ターキーを休ませる 
  11. 完成!!

1. 解凍する

冷凍のターキーの場合、解凍に時間がかかるので、料理する日の2、3日前に購入することをおすすめします。

我が家では、包装されたままの状態で、大きめのお鍋に入れて、2日間、冷蔵庫に入れておきました。

13〜14パウンドのターキーでも、750mlのワインボトルが小さく見えるくらいの大きさです。

2. 中身(内蔵部分など)を取り出す

通常、首の部分が丸ごと、内臓部分はバッグなどに入った状態で、ターキーのお腹に入っています。

手が入りそうな部分から、中身を取り出します。

長い部分が首(Neck)です。調理すれば食べられるようですが、我が家ではまだ挑戦したことはありません。

3. ターキーの外側と内側を洗ってから水分を拭き取る

レシピによっては洗う必要がないと記載しているものもあるので、お好みで。

洗った後、不要な水分はペーパータオルで拭き取ります。

 

 

4. 焼く前日にブライン液に漬ける(Brine)

こちらもレシピによっては省いているものもありますが、ブライン液につけた方がしっとりと仕上がります

我が家では、市販の野菜スープ(Vegitable Stock)をブライン液として使用しています。

3パックくらいで、小さめの13〜14パウンドのターキーが漬かりました。

まず、大きめのお鍋やバケツの中に、大きくて丈夫なビニール袋を二重か三重にして広げます。

ビニール袋の中にターキーを入れてから、野菜スープなどのブライン液を注ぎます。

スナック用のクリップやゴムなどでビニール袋の口をしっかりと閉じたら、冷蔵庫で一晩浸けます

特にサンクスギビングの時期には、多くのスープストックが売り出されています。我が家では、ベジタブルストック3箱分をブライン液として使用しました。

三重にしたビニール袋の中にベジタブルストックを注ぎます。ビニール袋はターキー売り場にあったものをもらってきました。

ベジタブルストック3パック分(32 fl.oz x 3)を入れると、小さめのターキー(13-14lbくらいのもの)であればほぼスープに浸かります。

袋をプラスチックのクリップなどでとめてから、冷蔵庫へ。

 

ターキーは本当に大きいので、家にあるお鍋では入りきらないことも・・・

そんな時は、ターキーをブライン液につけるための大きなバケツが便利です。

5. 味付けをする

ブライン液から取り出した後は、水分をキッチンペーパーなどで軽くとってから、塩、コショウを振って、味付けをします。

我が家の子どもたちはコショウが苦手なので、塩のみにしています。

お腹の中にもすりこむ感じで。

多少、味が薄くても、最終的にはソースをつければなんとかなるので大丈夫です。

6. スタッフィングを詰める

空洞になったターキーのお腹の中に、スタッフィングを詰めます。

スタッフィングは食べるためというより、香りづけの役割の方が大きいかと思います。

今回は、レモン、オレンジ、リンゴ、タマネギをくし切りにしたものと、ハーブ(タイムとローズマリー)を詰めました。

思ったより中に入らず、りんごやハーブは少し余りました。



  • スタッフィングには、野菜などの代わりに、バターライス、ガーリックライス、しょうゆ味のチャーハンなどを入れても美味しいです

7. お尻と首の部分を閉じる

タコ糸とTurkey Racers(串)を使って、お尻と首の部分を縫うように閉じます。

Racers(串)を刺したあと、タコ糸を8の字に絡ませてしっかり締めます。

Poultry Lacing Kitは、タコ糸と短めの串がセットになっているので便利です。串は洗って何度も使用できます。



  • 英語では、チキンやターキーの手羽や足を体に縛ることを、Trussと言います
  • Trussingの方法は、YouTubeなどでもたくさん紹介されています


8. ターキーの表面にガーリックバターを塗る

溶かしバターに、ガーリックパウダー、余ったハーブやパセリを入れたものをターキーの表面に塗ります。

今までは普通のオイルを塗っていましたが、ガーリックバターの方が香りもよく、家族には好評でした。

簡単に作るために、ガーリックパウダーと乾燥パセリを使用しました。

 

9. オーブンでターキーを焼く

オーブンを華氏450度(摂氏232度)に温めます。

はじめは華氏450度(摂氏232度)で30分くらい、その後華氏350度(摂氏177度)に下げて、2時間から2時間半くらい焼きます。

表面が焦げてきたと思ったら、途中でアルミホイルをかけてください(重たいので気をつけて!)。

太もも部分のお肉の厚みがあるところに温度計を刺して、華氏165度(摂氏74度)に達していたら、焼けている状態と言われています。

我が家では、温度計の代わりにPop Up式のPoultry Timer(Turkey Timer)を使用しています。

Poultry Timerは、太もも部分のお肉の厚みがあるところに刺し、焼けている温度に達すると、赤い部分が飛び出す仕組みになっています。

約2時間30分焼きました。温度計の赤い目印も飛び出しました。

Poultry Timer(Turkey Timer)は比較的安価ですが、一度しか使えません(使い捨てとなります)。


10. ターキーを休ませる

オーブンから取り出したターキーにアルミホイルを被せて、 15-20分程度休ませます。

11. 完成!!

お皿に盛り付けて、ローストターキーの完成です!

ちなみに、ターキーはかなり大きくて重たいので、お皿に移す時はこんなもの(Roast Turkey Lifter)があると便利です。



ターキーのおすすめの食べ方

そのまま食べても美味しいですが、ターキーはとても大きいので、食べ飽きてしまうことも。

我が家では、ソースにつけたり、他の料理に利用して、ターキーを四人で食べきりました。

おすすめの食べ方
  • お好みのタレやソースにつけて食べる 
  • 他の料理に利用する

お好みのタレやソースにつけて食べる

アメリカの定番は、クランベリーソース、グレイビーソース。

グレイビーソースは、ターキーを焼いた時にでる肉汁に、小麦粉、バター、お塩を入れて、簡単に作れます。

さっぱりしたい時には、味ぽんや、わさび醤油で食べるのもおすすめです。

他の料理に利用する

ターキーはあまりくせがないので、色々な料理に利用できます。

ターキーを使ったアレンジ料理としては、チキンライス(ターキーライス?)、チャーハン、サンドウィッチ、カレーやシチューなどがおすすめです。

我が家では、最終的にカレーを作ることが多いです。

お肉の旨味が出て、とても美味しいカレーになります。

余りがちなスタッフィングの野菜も、カレーに入れてしまえば食べきることができるので、一石二鳥です。

まとめ

今日は、サンクスギビングに食べたい!意外に簡単なローストターキー(Roast Turkey)の作り方 についてご紹介しました。

Thanksgiving Dayは別名Turkey Dayと言われるくらい、サンクスギビングとターキーは関わりが深いものです。

ターキーはかなり大きいので、初めて焼くときは少し勇気が入りますが、一度焼けば要領が掴めます。

チキンよりも焼く時間がかかりますが、その分、長く楽しめます。

アメリカの学校では、サンクスギビング前にターキーの工作をしてきたり、絵本を読んできたり、ターキーに触れる機会が多いので、本物のターキーを食べるのも一つの良い経験になるかと思います。

ローストターキーのレシピは、ターキーを売っている会社のホームページや、パッケージにも載っています。

ぜひ、お気に入りのローストターキーレシピを見つけて、アメリカのサンクスギビングを楽しんでください。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカを知る

    コロナの影響はバレンタインにも?アメリカの学校のバレンタイン事情

    アメリカの学校では、バレンタインデー(Valentine's Day)…

  2. アメリカで生活する

    ターゲットで発見!3ドル均一の可愛いオーナメント

    楽しいホリデーシーズンが近づいてきました!アメリカの町やお店は…

  3. アメリカで食べる

    メロンパンより簡単!お家で作れるクッキー生地の甘いパン、スイートブール

    久しぶりに新しいパンを作ってみました。甘いクッキー生地をのせて…

  4. アメリカで生活する

    アメリカの韓国スーパー、Hマートの食材で作る!美味しい牛丼

    アメリカの韓国系スーパーマーケットのHマートで見つかる食材を使って牛丼…

  5. アメリカで生活する

    アメリカのターゲットで発見!5ドル以下の可愛い収納グッズ

    アメリカでも、安くて可愛い収納グッズを見かけることが増えました。…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村

  1. アメリカで子育て

    簡単!季節や自然を感じながら楽しめるおすすめの遊び 
  2. アメリカで生活する

    小さな子供が使いやすいのはやっぱり日本製!アメリカでおすすめの鉛筆と消しゴム
  3. アメリカで子育て

    お家で簡単に発掘体験!12種類の本物の宝石を手に入れよう
  4. 日本へ一時帰国

    2021年夏、日本帰国〜出国・入国の準備〜成田空港での手続きは3時間
  5. アメリカで子育て

    ドライブバイもおすすめ!コロナ禍のベビーシャワーのアイデアをご紹介
PAGE TOP