アメリカで食べる

Hマートで発見!やみつきになる美味しさ、ローカンマ(ラオガンマー)の食べるラー油

日本で一時流行っていた、食べるラー油(辣油)。

アメリカでも、中国の本格的な食べるラー油が手に入ります!

ザクザクとした歯ごたえがあり、やみつきになる味です。

今日は、Hマートで発見!やみつきになる美味しさ、ローカンマ(ラオガンマー)の食べるラー油 についてご紹介します。

ローカンマ(老干媽)とは

老干媽は、日本語では「ローカンマ」、「ラオガンマー」、英語では”LAO GAN MA”。

老干媽の日本語のホームページでは「ローカンマ」という記載になっています。

老干媽は創業者の陶華碧さんのニックネームで、中国語では「おふくろさん」という意味があるようです。

ラオガンマー(老干媽)とは
  • ホームページ: 老干媽LAOGANMA(日本)LAOGANMA USA(米国)
  • 中国の国民的調味料メーカー 
  • 中でもラー油(辣油)が有名で、中国最大のラー油メーカーと言われている 
  • 白いエプロンをつけた女性(創業者の陶華碧さん)の写真が目印

ー 参照: 老干媽LAOGANMA(日本)のホームページ

創業者の陶華碧さんは、貧しい家庭に育ち、自分が家庭を持ってからは夫に先立たれるという厳しい境遇の中、具入りのラー油を作り、販売し、のちに会社を立ち上げました。

苦労の末、作られたローカンマのラー油。

現在では、中国各地だけでなく、世界100カ国に向けて出荷されるほどの大人気商品です。

陶華碧さんは逆境を乗り越えて、ローカンマを年間売上げ900億円を誇る国民的調味料メーカーにまで成長させたことから、チャイニーズドリームとも言われています。



  • 老干媽LAOGANMA(日本)ホームページ – Story

ローカンマのラー油(Fried Chili in Oil)

ローカンマのラー油の種類

アメリカでは、ピーナッツラー油が主力商品となっているようです。

私が行ったHマートでは、ピーナッツラー油だけが沢山並んでいました。

ホームページを見ると、アメリカでは、シイタケラー油、ピクルスラー油、発酵した黒豆(豆豉)のラー油も売り出されているようです。

日本ではもっと種類が豊富で、千切り豚肉ラー油、中華納豆と豚肉ラー油、玉ねぎラー油、さくさくの揚げ豆腐とザーサイとピーナッツの三種がミックスされたラー油などもあるようです。

ローカンマのFried Chili in Oil(ピーナッツラー油)の原材料

今回購入したのは、Fried Chili in Oil(ピーナッツラー油)。

アメリカのピーナッツラー油には玉ねぎも含まれていて、日本で発売しているものと原材料が若干異なるようです。

Fried Chili in Oilの原材料 
  • 大豆油(Soybean oil)
  • 大豆(Soybean)
  • 唐辛子(Chili)
  • 落花生(Peanut)
  • 玉ねぎ(Onion)
  • 食塩(Salt)
  • 砂糖(Sugar)
  • 水(Water)
  • 花椒(Pepper Powder)
  • 調味料・アミノ酸(Monosodum Glutamate)
  • 保存料(Food preservative)

ローカンマのFried Chili in Oil(ピーナッツラー油)のおすすめポイント

Fried Chili in Oilのおすすめポイント
  • ご飯にかけても美味しい!まさに食べるラー油! 
  • チャーハン、担々麺、麻婆豆腐の味付けにも使える!
  • 唐辛子が沢山だけれど、辛すぎない!

ご飯にかけても美味しい!まさに食べるラー油!

ローカンマのラー油は、ご飯にかけて食べられる、まさに食べるラー油。

ザクザクとした唐辛子、カリッとしたピーナツの食感、独特の辛味と旨味があるピーナツラー油は、一度食べたらやみつきになる味です。

冷奴のトッピングとしてもおすすめ!

ピーナッツラー油のピーナッツ(落花生)は、カリッとしていて香ばしく、歯ごたえと甘みがしっかりあるので、おつまみとしてそのまま食べても美味しいです。

チャーハン、担々麺、麻婆豆腐の味付けにも使える!

ローカンマのラー油は、チャーハン、麻婆豆腐、担々麺などの味付けにもぴったり。

ピーナッツラー油は、ミキサーにかけてペースト状にすると、また一味違う美味しさになります。

いつものインスタントラーメンに少し足すだけでも、旨味が加わり、食欲が倍増してしまうほどです。

唐辛子が沢山だけれど、辛すぎない!

ローカンマのラー油は、真っ赤で、唐辛子がたっぷり!

とっても辛そうですが、舌が痺れたりするほどの辛さではありません。

食欲を刺激するちょうど良い辛味が、何度も食べたくなるローカンマのラー油の人気の秘訣なのかもしれません。

まとめ

今日は、Hマートで発見!やみつきになる美味しさ、ローカンマ(ラオガンマー)の食べるラー油 についてご紹介しました。

ご飯にのせて、そのまま食べられるほど美味しい、具沢山のローカンマのラー油。

アメリカでは、韓国系スーパーのHマート、中華系のスーパー、Amazon.comなどで手に入ります。

小さな子どもがいると、なかなか辛い料理を作る機会がありませんが、ローカンマのラー油があれば、手軽に大人の分だけ辛味を足すことができるので、とても便利です。

アメリカで食べるラー油を探している方に、ぜひおすすめしたい一品です。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカで食べる

    アメリカの粉ゼラチン、Knoxで作る!簡単、美味しいイチゴムース

    ニューヨークではいちご狩りも始まり、いちごが安くて美味しい季節になって…

  2. アメリカで食べる

    パーティーにもおすすめ!小さなパンプキンパイの作り方

    今年のサンクスギビングは、小さなパンプキンパイとアップルパイを作りまし…

  3. アメリカで食べる

    たい焼きも発見!アメリカのHマートで見つけた美味しいお菓子

    アメリカの韓国スーパー、Hマートには、アメリカのお菓子だけでなく、日本…

  4. アメリカで食べる

    手軽に楽しめる!フィラデルフィアの美味しいローカルフード、フィリーチーズステーキ

    フィラデルフィアは、ニューヨーク州に隣接するペンシルベニア州の最大の都…

  5. アメリカで食べる

    チョコレート味が意外におすすめ!アメリカで人気のノンデイリーミルクとは?

    アメリカには、動物性の乳成分を含まないNon-Diary(ノンデイリー…

  6. アメリカで食べる

    クリスマスにぴったり!アメリカ人にも喜ばれるプチギフト!

    アメリカでは、ホリデーシーズンになると、お世話になった人たちにプレゼン…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村

PR

  1. アメリカで遊ぶ

    ニューヨークのクィーンズにある科学博物館!ニューヨーク・ホール・オブ・サイエンス…
  2. アメリカで生活する

    エコノミーを快適に!子連れの長時間フライトにおすすめのフットレストピロー
  3. アメリカで食べる

    ザクザク食感がたまらない!Brownie Brittle(ブラウニー・ブリトル)…
  4. アメリカで走る

    【子供イベント】キッズ・マイクロ・マラソンの参加レポート
  5. 日本へ一時帰国

    売り切れ続出?!ガトーフェスタ ハラダのグーテ・デ・ロワ、サンリオキャラクターズ…
PAGE TOP