アメリカを知る

ゴールドをくれる緑の妖精?レプラコーンを捕まえよう!

セントパトリックスデーにちなんで登場する、緑色の妖精、Leprechaun(レプラコーン)。

アメリカのキンダーガーデンに通う長男がレプラコーンについて色々学んで来たようです。

今日は、レプラコーンについてご紹介します。

Leprechaunとは

Leprechaun(レプラコーン、レプリコーン)とは、アイルランドの民話に登場する小さな妖精

アメリカでもお祝いすることの多い、セントパトリックデーにちなんで、長男もレプラコーンのことを学んできたようです。

レプラコーンの特徴

  • 小さな妖精
  • 赤い髪の毛と赤い髭
  • 緑色の帽子を被って、緑色のコートを羽織っている
  • いたずら好き
  • 靴を作るのが仕事
  • ゴールドがたくさん入ったポットを持っている
  • ゴールドは虹が終わるところに隠している

 

レプラコーンの伝説を楽しむためのポイント
  • 絵本や動画でレプラコーンについて学ぼう
  • レプラコーンの罠(Trap)を作ろう
  • 子供が寝たら・・・レプラコーンが来た証を残そう

レプラコーンについて学ぼう

息子がキンダーガーデンで読んできた本はこちらのようです。

The Story of the Leprechaun – By Katherine Tegen

How to Catch a Leprechaun by Adam Wallace

どちらもレプラコーンについてもっと知りたくなる、捕まえたくなるような不思議なお話です。

レプラコーンを捕まえよう

アメリカでは、セントパトリックデーの前日に、レプラコーンを捕まえるための罠(Trap=トラップ)を作って置いておくことが多いようです。

 

息子もキンダーガーデンでトラップを作って来ました。

小さなレプラコーンも粘土で自作。

通常は、罠は緑色にデコレーションして、レプラコーンが好きなものをおとり(Bait)として仕掛けます。

レプラコーンをおびき寄せるもの
  • 緑色のもの
  • 三つ葉、四葉のクローバー
  • 緑色のお菓子(M&M’sの緑色のチョコレートなど)
  • ラッキチャームのシリアル
  • 金のメダル

 

レプラコーンは人に見つかると消えてしまうため、実際に見つかることはありませんが・・・

レプラコーンが来た証として、お家の中や罠の近くに緑色の足跡やクローバーを落としたり、ゴールドコインやコインチョコを隠しておくと子供が喜びます。

本当にレプラコーンを捕まえたら

レプラコーンは3つのお願いを聞いてくれると言われています。

もしくは、解放する代わりにゴールドをもらえるようです。

息子はゴールドコインが欲しいようで、お庭に罠を仕掛けていました。

まとめ

今日は、アイルランドの民話に登場する小さな妖精、レプラコーンについてご紹介しました。

日本ではあまり馴染みのないセントパトリックデーやレプラコーンですが、セントパトリックデー前には、緑色の可愛いアイテムもたくさん売り出されます。

レプラコーンの帽子やゴールドコインを使って、アメリカらしいアクティビティを楽しむのも良いですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカを知る

    コロナに負けずエッグハント復活!ナーサリーでのエッグハントは意外におすすめ!

    アメリカではもうすぐイースター。昨年はコロナの影響で、全てのエ…

  2. アメリカで子育て

    お家で簡単に発掘体験!12種類の本物の宝石を手に入れよう

    子供はなぜか石ころが大好き。息子も、丸かったり、三角だったりす…

  3. アメリカを知る

    Happy Thanksgiving ! 簡単なローストターキーの作り方

    Happy Thanksgiving !!今年のサンクスギビン…

  4. アメリカを知る

    アメリカの図書館は魅力的!コロナ対策と現在の状況

    ニューヨークでは3月上旬から新型コロナウィルスが本格的に猛威をふるいだ…

  5. アメリカで生活する

    アメリカでおすすめ!子どもも使いやすいハンドソープ

    コロナの影響もあり、手を洗う機会が多い毎日。アメリカでは・…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカで生活する

    アメリカの韓国スーパー、Hマートの食材で作る!美味しい牛丼
  2. ランニング情報

    数字で見るニューヨークシティマラソン抽選枠での参加の可能性
  3. アメリカを知る

    コロナに負けずエッグハント復活!ナーサリーでのエッグハントは意外におすすめ!
  4. アメリカで生活する

    コールセンターにつながるまで3時間!それでもやってよかったアメリカパスポートのE…
  5. マラソンイベント

    ベースボール✖️マラソン?ニューヨークのユニークイベントの紹介
PAGE TOP