アメリカで食べる

まるで蒟蒻ゼリー?!アメリカのHマートで見つけた美味しいゼリー

アメリカのゼリーと言えば、Jell-o(ジェロ)。

お湯を入れて混ぜて固めるだけでできるので簡単で便利です。

しかしなぜかアメリカでは、カップなどに入った個別売りのゼリーはほとんど売られていません。

日系スーパーでは日本のゼリーを売っていますが、日本に比べるとかなりの高級品・・・

アメリカでも気軽に沢山美味しいゼリーを食べたい!そんな思いを叶えてくれたのは、韓国系スーパーのHマート!

今日は、Hマートで見つけた可愛くて美味しいゼリー Jelly Pocket をご紹介します。

Jelly Pocketとは

Jelly Pocketとは
  • 台湾の飲食料を輸入・販売しているカリフォルニアを本社とする会社、Sunny Maid Corpが取り扱う台湾産のフルーツゼリー


Jelly Pocketのおすすめポイント

おすすめポイント
  • 食べやすいフルーツ味
  • 可愛いカンガルーの入れ物
  • 日本のゼリーのような個別包装

食べやすいフルーツ味

  • 味は全部で5種類(ライチ、マンゴー、イチゴ、モモ、ブドウ)

 

さっぱりした甘さで、日本のこんにゃくゼリーのような味でとても美味しいです!

こんにゃくは入っていないので、こんにゃくゼリーほどの食感はありませんが、食べるときはしっかり噛んで食べましょう。

可愛いカンガルーの入れ物

今なら可愛いカンガルーの入れ物に入っています。

Hマートなら、たっぷり入って7ドル以下なのも嬉しいポイントです。

  • カンガルー容器の場合は45個、普通の容器の場合は50個入り

 

しっかりしたプラスチック容器なので、お砂場セットやおもちゃ入れとしても二次利用できそうです。

蓋に穴が空いているので、貯金箱としても使えます!

カンガルーの入れ物でない場合もあります。

日本のゼリーのような個別包装

日本のこんにゃくゼリーのような小さなパウチに入っているので、お出かけの時にも便利!

大人なら簡単に手で開けられます。

日本の駄菓子屋さんに売っているような、棒タイプのゼリー(Jerry Straw)や小さなカップ入りのゼリーのも売っています。


まとめ

今日は、Hマートで見つけた可愛くて美味しいゼリー Jelly Pocket をご紹介しました。

アメリカではなかなか手に入らない、お手頃価格の美味しいゼリーです。

子供たちも気に入って毎日のように食べています。

ゼリー好きの方はぜひチェックしてみてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ



 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカで食べる

    アメリカでも人気!スーパーで気軽に買える微糖・水出しアイスコーヒー

    アイスコーヒーが美味しい季節になりました。アメリカでも、微糖や…

  2. アメリカで食べる

    手軽に楽しめる!フィラデルフィアの美味しいローカルフード、フィリーチーズステーキ

    フィラデルフィアは、ニューヨーク州に隣接するペンシルベニア州の最大の都…

  3. アメリカで食べる

    お家でタコス!お皿のようなフラットボトムのタコシェルがおすすめ

    コロナの影響で、あまり外食ができないので、お家ご飯が多い毎日。…

  4. アメリカで食べる

    サンタパン、アイスサンタ、ミニトマトサンタ!サンタが沢山のクリスマス料理

    メリークリスマス!今年は家族でゆっくりクリスマスでした。今年の…

  5. アメリカで生活する

    おすすめせずにはいられない美味しさ!茅乃舎のおでんのだしとつゆ

    日本から赴任してきた方にいただいたお土産が美味しすぎたのでご紹介します…

  6. アメリカで食べる

    Hマートのおすすめ品!手軽にお店の味のスンドゥブが楽しめるSoon Tofu Soup Kit

    暑い時も寒い時も定期的に食べたくなる韓国料理のスンドゥブ。子供…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカで生活する

    冬の新作ご紹介!ターゲットの1ドル、3ドル、5ドルコーナー
  2. アメリカで遊ぶ

    デロリアン展示中!Back to the Future好きにおすすめの博物館
  3. アメリカで子育て

    折れたクレヨン再利用!お家で簡単にできるマーブルクレヨンの作り方
  4. マラソンイベント

    「走ります!」6月第一水曜日はグローバルランニングデー
  5. アメリカを知る

    ニューヨークのコロナ事情!ロングアイランドの一部もイエローゾーンに
PAGE TOP