アメリカで遊ぶ

桜が満開!フラッシング・メドウズ・コロナ・パークでお花見

先週末、お花見をかねてフラッシング・メドウズ・コロナ・パークに行って来ました。

大きな地球儀(Unisphere)がある公園です。

今日は、ニューヨークのクィーンズにあるフラッシング・メドウズ・コロナ・パークについてご紹介します。

フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク

基本情報
  • フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク(Flushing Meadows–Corona Park)
  • ホームページ: Flushing Meadows Corona Park
  • 場所: Between Grand Central Pkwy and, Van Wyck Expy, 11354

 

天気の良い週末は、ヒスパニック、ラテン系の人たちが多く集り賑わいます。

敷地面積は、なんとあのセントラルパークよりも広く、898エーカー(363ヘクタール)。

ニューヨーク市の中では、4番目に大きな公園です。

NYCの大きな公園 TOP5!
  1. Pelham Bay Park(ブロンクス): 2,765 エーカー
  2. Greenbelt(スタテンアイランド): 1,778 エーカー
  3. Van Cortlandt Park(ブロンクス): 1,146 エーカー
  4. Flushing Meadows/Corona Park(クィーンズ): 898 エーカー
  5. Central Park(マンハッタン): 843 エーカー

 

Public Parking(無料の駐車場)が隣接していますが、午後にはかなり混雑します。

最寄り駅は・・・

  • 地下鉄の7番線のWillets Point/Citi Field駅
  • LIRR(Long Island Rail Road)のMets–Willets Point駅

ここでチェック!

 

ハンモックを吊り下げてゆっくり過ごしている人たちも多数。

気持ち良い春の天気の中、公園でゆっくりお花見や日光浴を楽しみたいものです。

ちなみにお花見と言ってもニューヨークでは、屋外の公共の場でお酒を飲むことは禁じられているのでご注意を!

フラッシング・メドウズ・コロナ・パークはこんなところ

コロナパークの特徴
  • 万国博覧会の跡地
  • 桜祭りが開かれるほど桜が沢山
  • 周辺にも色々な施設あり
  • マラソン大会のコースとしても人気

とても広いので、子連れの場合は、ベビーカーやスクーター、自転車などを持参することをおすすめします!

 

万国博覧会の跡地

1939年と1964年の2回、ニューヨーク万国博覧会がこの場所で開催されました。

 

1964年の万国博覧会で使用されたニューヨーク・ステート・パビリオンと丸い展望台(Astro-View Observation Towers)は、アメリカ合衆国国家歴史登録財(The National Register of Historic Places)に登録されています。

コロナパークのもう一つの目印でもある大きな地球儀(Unisphere)は、1964年の万国博覧会用に建てられたものです。

2021年は4月初旬(4月4日頃)、オカメザクラが満開でした。

2021年は4月下旬(4月24日頃)、八重桜が満開でした。

奥に見えるのは、ブロンズ彫刻『Rocket Thrower』。

アメリカの彫刻家、Donald De Lueによるブロンズ彫刻『Rocket Thrower』。1964年の万国博覧会の時に作られた作品。

シティフィールド方面の歩道には、万国博覧会時の展示物などがカラフルなモザイクで描かれています。

ここでチェック!

桜が沢山

2000年から2001年にかけて日系人会からニューヨーク市に寄贈された桜のうち、168本がコロナパークに植樹されました。

その後、2003年からは毎年桜祭りが開催されていました。

残念ながら昨年と今年は、コロナの影響で桜祭りは開催されていません。

駐車場からニューヨーク・ステート・パビリオン方面に歩いて行くと、桜のトンネルのようになっている場所もあり、桜の時期は時に多くの人で賑わいます。


ここでチェック!

敷地内・隣接施設

敷地内には、クィーンズ博物館があります。

クィーンズ博物館では、万国博覧会に関する展示などを見ることができます。

 

プレイグラウンド(遊具がある遊び場)も数カ所あります。

敷地内には、テニスコート、サッカー場、ミニゴルフコースがあります。

また、テニスのUSオープンが開催されるテニス会場(錦織選手や大坂選手がプレーする場所!)や、野球のメッツのホームスタジアムであるシティフィールドと隣接しています。

テニスや野球観戦の後に、少し散策してみるのもおすすめです。

奥に見えるのがCiti Field。手前にはテニスコートがあります。

坂を上がったところがメッツのシティフィールド。右側の白い建物にお手洗いがあります。

シティフィールドのすぐ近くには、地下鉄の車庫もあります。

マラソン大会のコースとしても人気

クィーンズで行われるマラソン大会では、マラソンコースにコロナパークが含まれることが多いです。

ニューヨークシティマラソンも運営するNYRR(New York Road Runners)のQueens 10Kマラソンでもコロナパーク内を走ります。

メダルには、クィーンズの象徴的存在でもある大きな地球儀(Unisphere)。

マラソンで走りながら眺める景色はまた格別です。


ここでチェック!

まとめ

ニューヨークのクィーンズにある、フラッシング・メドウズ・コロナ・パークについてご紹介しました。

4月は桜が楽しめるので特におすすめです。

夏場には、地球儀の周りは噴水になるので、涼を求めてお散歩するのも良いかもしれません。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカを知る

    ジャガイモ掘りも楽しめる!ニューヨークのロングアイランドでりんご狩り

    アメリカの秋の楽しみの一つ、りんご狩り!今年は、6月頃にいちご…

  2. アメリカで生活する

    お土産にもおすすめ!アメリカのペニーで作る記念硬貨、ペニープレスとは?

    アメリカはカード社会なので、あまり硬貨を使う機会がありませんが、ペニー…

  3. アメリカを知る

    観客はほぼNOマスク?!コロナに負けずに復活したベスページのエアショー(ジョーンズビーチ州立公園)

    アメリカでは、5月最後の月曜日はメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)で…

  4. アメリカで遊ぶ

    STEM教育にぴったり!プラネタリウムも楽しめる、クレイドル航空博物館の見所ガイド

    ニューヨークのロングアイランドにあるクレイドル航空博物館(Cradle…

  5. アメリカで生活する

    子供も楽しめる!ニューヨークの水源のクロトンダムとクロトンゴージ公園

    ニューヨークには、ダムの見学ができる場所があります!ニューヨー…

  6. アメリカで遊ぶ

    約1年半ぶりに青空の下で復活!アメリカの図書館のパーク・ストーリー・タイム

    ニューヨーク州では、コロナ禍の様々な制限がなくなってきています。…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカで子育て

    子供の科学への興味を引き出す絵本!エリック・カールのおすすめ絵本
  2. 日本へ一時帰国

    2021年夏、日本帰国〜2週間の自宅待機、子供との過ごし方と役に立ったアイテム〜…
  3. アメリカで食べる

    発酵機能付きオーブンがなくても作れる!お家で美味しいメロンパン
  4. アメリカで走る

    街もコースも最高!フルマラソン初挑戦のランナーにオススメのフィラデルフィアマラソ…
  5. アメリカを知る

    簡単に作れる!アメリカのサンクスギビングの定番料理
PAGE TOP