アメリカを知る

宇宙で食べたい銀河の卵!簡単なイースターエッグの作り方

アメリカではイースター前は、学校が春休み(Spring Break)に入ります。

イースターと言えばエッグ!

今日は、イースター前の春休みにおすすめ!子供と一緒に楽しめる、イースターエッグの作り方をご紹介します。

イースターエッグとは?

イースターエッグとは?

イースターをお祝いするためにデコレーションした卵(鶏卵)のこと

 

ペンやシールを使ってデコレーションしても良いですが、染料で染めた卵(Dyed Eggs)を作ることが多いようです。

卵を染めるために必要なもの

必要な材料
  • 白い殻の鶏卵
  • PAASのデコレーションキット(もしくは、お酢、着色料、水)
  • 液体染料を使う場合は、プラスチックカップ

 

PAASのEgg Decoration Kitを使うと簡単に卵を染めることができるのでおすすめです!

PAASとは?
  • ホームページ: PAAS 
  • アメリカではイースター前になると、大量に売り出される卵のデコレーションキット
  • 140年の歴史あり

 

PAASのおすすめポイント
  • 染めるために必要な道具が揃っているので簡単
  • 箱を使って、卵を乾かすこともできる
  • 種類が豊富なので、お気に入りのものが見つかる
  • Hit The PAAS Button Contestに応募すると、$1000が獲得できるチャンスあり


染める時に使う卵

PAASのおすすめは、ゆで卵か、空にした卵の殻を使うことです。

個人的なおすすめは、空にした卵の殻を使うことです。

ゆで卵
  • 一番染めやすいのはゆで卵
  • 沈むので、液体染料でも染めやすい
  • 割れにくい
  • 長期保存はできない(冷蔵庫での保存必須、食べることは可能)

 

卵の殻
【下準備】

  • キリなどで、上と下に小さな穴を開ける(片方は少しだけ大きめの穴にする)、もしくは、片方だけ少し大きめの穴を開ける
  • キリなどで、黄身を潰してから、振りながら中身をだす
  • 穴から水を入れてよくゆすぐ
  • 割れやすいので取り扱い注意
  • そのまま保存可能

 

染めることが可能なプラスチック卵
  • 長期的に保存できる
  • 卵を空にする手間が不要
  • うさぎやひよこの可愛い形がある
  • ただし、本物の卵と比較するとかなり染まりにくい

昨年染めたプラスチックエッグ。ピンク(赤色染料)以外はほぼ色がつきませんでした。付属のゴールドグリッターも、手で触ると落ちてしまいました。

 

生卵を使用しても良いですが、腐らないようにすぐに冷蔵庫に入れる必要があります。

また、染める最中や染めた後に割れてしまうと片付けが大変なので、あまりおすすめはしません。

我が家では、普段の料理にはOrganicのBrown Eggを使っています。

それと比較をすると、白い殻の卵は殻が薄くて割れやすいので、取り扱いにはご注意を!


ここでチェック!
  • ゆで卵を作る時、卵を空にする時のコツ: PAAS – decorating tips

PAASを使った卵の染め方

  • 卵を染める前には、卵の水分をしっかり拭き取りましょう!

 

基本編

一番基本の卵の染め方です。

PAASの商品では、Classic、Color Cups、Deluxe などがこの染め方です。

基本的な染め方
  1. 卵を用意する(ゆで卵、空の卵、プラスチック卵、生卵のいずれか)
  2. 着色料の錠剤(タブレット)をプラスチックカップに入れる
  3. 同じカップの中に大さじ一杯分のお酢を入れて、錠剤(タブレット)を溶かす
  4. 同じカップの中に室温くらいのお水、1/2カップ(約120ml)を入れる
  5. 同梱のEgg Dipperを少し曲げてから、卵を乗せて、カップの中の液体につける
  6. 5分間くらい染める(浸けておく時間が長いほど、濃い色になる)
  7. 付属の箱を利用して、卵を乾かして完成!

 

Dipper(卵を掬う針金)も同梱されています。自宅にあった、大きめのプラスチックカップに染料を入れました。

こちらはPAASのGolden Shimmer。染料で染めた後に、付属のShimmer Paint(キラキラ輝くペイント)を塗ると綺麗な卵になりました。

 

応用編

PAASには色々なシリーズがあります。

今年は、宇宙のギャラクシーバージョン(Galactic Eggs)を買ってみました!

ギャラクシーバージョンでは、タブレットの代わりに、小袋に液体染料がそのまま入っています。

ギャラクシーバージョンの染め方
  1. 卵を用意する(ゆで卵、空の卵、プラスチック卵、生卵のいずれか)
  2. 付属の袋に青色の染料を1、2滴入れる
  3. その袋に卵を入れて、割れないように優しくまわしながら色をつける
  4. 同じ袋に緑色の染料を1、2滴入れる
  5. 同じ卵を袋に入れて、割れないように優しくまわしながら色をつける
  6. 最後に、同じ袋に緑色の染料を1、2滴入れる
  7. 同じ卵を袋に入れて、割れないように優しくまわしながら色をつける
  8. 付属の箱を利用して、卵を乾かして完成!

箱の裏に作り方が書いてあります。

小袋(二枚)、染料、シール付き。シールは沢山入っているので、卵のデコレーション以外にも色々使えそうです。

青色だけだとこんな感じです。

緑や赤も混ぜると、少しずつギャラクシーっぽくなってきました。

PAASの入れ物は捨てないように!そのまま、卵を乾かす時に使えます。

好きなシールを貼って完成!思ったより宇宙っぽくなり、息子たちも大満足!

こんな遊び方もできます

液体バージョンの染料の場合は、液体が余る場合もあります。

そんな時は、キッチンペーパーやいらなくなったガーゼなどで、染物を作るのもおすすめです。

ちょっとお酢臭いですが楽しいです。

時間に余裕がある方は、PAASを買う代わりに、自分でお酢、水、着色料を使って染めてみるのも良いと思います。

まとめ

今日は、子供と一緒に楽しめる卵を染めるアクティビティをご紹介しました。

PAASのキットを使えば、ほぼ準備不要!

子供と一緒に簡単にできるので、ぜひ、試してみてください。

卵を触ったあとは、しっかり手洗いを忘れずに!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカを知る

    街に緑が溢れる日、セントパトリックデーとは?

    待ちに待った春!ニューヨークもようやくマイナス気温から脱し、雪…

  2. アメリカを知る

    コロナワクチン(ファイザー)接種完了!二回目接種後の副反応は?

    ニューヨークにて、無事に二回目のコロナワクチンの接種が完了しました。…

  3. アメリカで子育て

    アメリカのグッディバッグとは?おしゃれなママが用意するのはもはやバッグではない説

    アメリカで子育てをしていると必ず耳にする言葉の一つ、グッディバッグ(G…

  4. アメリカを知る

    Happy Thanksgiving ! 簡単なローストターキーの作り方

    Happy Thanksgiving !!今年のサンクスギビン…

コメント

  1. わぁ!すごい、こんなキットが売られてるんですね!お家でたまごのペイントとかして偉いです♪私は重い腰がなかなか上がらず・・(特にペイント系はw)余ったペイントでもアートできてお子さん達おうちでも楽しいだろうな。色々と勉強になります!!

      • royboyruns
      • 2021年 4月 01日

      ありがとうございます!
      下も3歳後半なので、だいぶ落ち着いて出来るようになりました〜!
      去年まではぐちゃぐちゃ混ぜるの専門でしたが・・・
      絵の具と粘土は集中してくれますが、片付けもまた大変ですよね。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカで子育て

    アメリカの自転車にはハンドブレーキがない?!アメリカの子供用自転車選びのポイント…
  2. アメリカで子育て

    みんなで学校を盛り上げよう!アメリカの学校のスピリット・ウィークとは?
  3. アメリカで子育て

    キンダーガーデンでペルーの勉強!アメリカの学校のマルチカルチュラルウィーク
  4. アメリカで子育て

    おすすめの英語絵本!アメリア・べデリアで子供と楽しくイディオムを学ぼう
  5. アメリカで生活する

    ニューヨークの100圴、ダイソー(DAISO)事情
PAGE TOP