アメリカで遊ぶ

子どもと楽しむ!イントレピッド海上航空宇宙博物館〜入館料で楽しめるエリア〜

ニューヨークのマンハッタンにある、イントレピッド海上航空宇宙博物館(Intrepid Sea, Air & Space Museum)。

2月のキッズウィークは特におすすめですが、特別なイベントがなくても、楽しみながら学べる施設になっています。

今日は、子どもと楽しむ!イントレピッド海上航空宇宙博物館〜入館料で楽しめるエリア〜 についてご紹介します。

イントレピッド海上航空宇宙博物館

イントレピッド海上航空博物館は、ニューヨークのマンハッタンにある博物館。

伝説の航空母艦(空母)であるイントレピッド自体が博物館になっていて、スペースシャトル エンデバーや、世界一速い旅客機として有名なコンコルド、誘導ミサイル潜水艦 グロウラーなどが展示されています。

イントレピッド海上航空宇宙博物館

 

広いので、じっくり見学すると一日かかりますが、主な見どころ(潜水艦とスペースシャトルなど)だけなら、半日あれば見てまわれます。

ウェルカムセンターの2階にはAviator Grill、イントレピッドのサードデッキにはIntrepid Marketplaceという食事エリアがあり、ハンバーガーなどをオーダーすることができます。

ただ、ホットドッグが8〜9ドルくらいするようなので、お弁当などを持参して、食事エリアで食べるのがおすすめです。

25万ピースのレゴからできている、イントレピッドのミニチュア模型!こちらはハンガーデッキの入り口に展示されています。



  • Free Fridays: 4月〜9月の最後の金曜日の夕方(5時〜9時)は入館料が無料となります!(2023年4月28日、6月30日、7月28日、8月25日、9月29日)

イントレピッド海上航空宇宙博物館〜入館料で楽しめるエリア〜

まずは、入館料を払えば楽しめるエリアのご紹介です。

初めての訪問のときや小さい子ども連れのときは、追加料金を払わなくても、十分に楽しめるかと思います。

航空母艦 イントレピッド

航空母艦 イントレピッド
  • Aircraft Carrier Intrepid
    • 航空母艦イントレピッド 
    • フライトデッキ、ギャラリーデッキ、ハンガーデッキ、サードデッキに分かれている

 

空母イントレピッド(Intrepid)は、1943年に就航。

第二次世界大戦では、カミカゼ特攻隊の攻撃を五度、魚雷の攻撃を一度受けたものの、沈没することなく帰還し、その後は冷戦とベトナム戦争でも使用されました。

また1960年代には、NASAの回収船としても活躍しました。

エレベーターか階段で最上階の三階(フライトデッキ)まで上がると、迫力あるイントレピッドの”アイランド”(艦橋を含む管制塔のような役割を果たす部分)とたくさんの戦闘機を見ることができます。

”アイランド”の中にも入ることができます。

フライトデッキから”アイランド”の中に入ることができます。

 

アイランドの中の様子

アイランドからの眺め。

フライトデッキの航空機

航空母艦 イントレピッド
  • フライトデッキの航空機
    • アメリカの陸軍・海軍・空軍・海兵隊・宇宙軍やアメリカ以外の国が保有する貴重な航空機が展示されている
    • 場所: フライトデッキ

 

イントレピッドの最上階のフライトデッキには、第二次世界大戦で使用された雷撃機のアベンジャーを始め、貴重な航空機がずらりと並んでいます。

フライトデッキは見晴らしが良く、後方にはマンハッタンの高層ビルも見えるので、航空機に詳しくなくても、思わず写真におさめたくなってしまいます。

フライトデッキにあるスペースシャトルパビリオン

スペースシャトルパビリオン
  • Space Shuttle Pavilion
    • スペースシャトルのエンタープライズが展示されている
    • 場所: フライトデッキ

 

フライトデッキの奥には、スペースシャトルパビリオン(Space Shuttle Pavilion)があり、宇宙関係の展示物があります。

ここには、本物のスペースシャトル「エンタープライズ」が展示されています。

エンタープライズは、スペースシャトルの試作機。

エンジンや熱シールドを搭載していないため、実際に宇宙へは行っていませんが、実物を見ると、その大きさに圧倒されます。

ロシアの宇宙船ソユーズのカプセルもありました。

お土産屋さんにはオリジナルコインなども売っています。



誘導ミサイル潜水艦 グロウラー

誘導ミサイル潜水艦 グロウラー
  • Submarine Growler
    • アメリカで一般公開されている唯一の誘導ミサイル潜水艦で、艦内を見学することができる
    • 場所: Pier 86(86番桟橋) 
    • 身長制限あり: 40インチ(102cm)以上〜

 

チケット売り場とお土産屋さんになっている建物を通りすぎると、すぐに見えてくるのが、大きな潜水艦、グロウラー(Growler)。

繁忙期には行列ができることがあるので、早めに見学することをおすすめします。

グロウラーは、アメリカで一般公開されている、唯一の誘導ミサイル潜水艦。

身長が40インチ(約102センチ)以上あれば、潜水艦内を見学することができます。

全長はなんと317フィート(96.9メートル)。

アメリカンフットボールのフィールドと同じくらいの長さがあるというので驚きです。

それに対して、幅は、わずか27フィート(8.2メートル)。

狭い場所でも潜っていけるように、このような設計になっているようです。

潜水艦の中に入ると、乗組員が生活していたベッドや食堂、制御室や魚雷がある部屋などを見ることができます。

ここが潜水艦への入り口です。

ところどころ説明の看板があり、説明員が立っている場所もありました。

こんな狭いところで何ヶ月も過ごすとは・・・

潜水艦の潜望鏡(ペリスコープ)!

潜望鏡から見える景色。(説明員の方が携帯カメラで撮って下さいました!)

水中音波探知機(ソナー)。


  • 潜水艦内のハッチを自分でくぐって歩かないといけないので、幼児を抱っこしたり、ベビカーに乗せた状態では中に入ることができません。

まとめ

今日は、子どもと楽しむ!イントレピッド海上航空宇宙博物館〜入館料で楽しめるエリア〜 についてご紹介しました。

大きな本物の空母の上に行ったり、中に入ったりするだけでも、貴重な経験。

子どもが小さい間は、無料で楽しめるエリアで十分かと思います。

入館料は高めですが、図書館のミュージアムパスやNew York CityPASS、Free Fridayを活用すれば、無料もしくは割引価格で入館できます。

次の記事では、追加料金を払って楽しめるエリアについてご紹介したいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカを知る

    アメリカのイースターを楽しもう!ロングアイランドにあるニジマスの養魚場でエッグハント!

    今年のエッグハントは、ロングアイランドにある小さな養魚場・水族館、Co…

  2. アメリカで遊ぶ

    デロリアン展示中!Back to the Future好きにおすすめの博物館

    クレイドル航空博物館で、映画バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back …

  3. アメリカで遊ぶ

    憧れの宇宙飛行士に会えた!イントレピッド海上航空宇宙博物館のキッズウィーク

    アメリカでは、プレジデントデー(大統領の日)のある2月の第3週は、学校…

  4. アメリカで遊ぶ

    八重桜のお花見スポット!ニューヨークのBrooklyn Botanic Garden(ブルックリン植…

    八重桜を見に、ニューヨークのブルックリン植物園に行ってきました。…

  5. アメリカで生活する

    お土産にもおすすめ!アメリカのペニーで作る記念硬貨、ペニープレスとは?

    アメリカはカード社会なので、あまり硬貨を使う機会がありませんが、ペニー…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村

PR

  1. ニューヨークラン

    ブルックリンの公園といえばここ!プロスペクトパークをランニング
  2. ランニング雑記

    ニューヨーカーのランチタイムはランニングの時間
  3. アメリカを知る

    ニューヨークの春はまだ遠い?!アメリカのグラウンドホッグデーは春の訪れを占う日
  4. 日本へ一時帰国

    宇宙好きにおすすめ!宇宙テーマの日本の文房具
  5. アメリカで子育て

    英語を読み始めた子どもにおすすめ!FLY GUYシリーズ
PAGE TOP