アメリカを知る

メモリアルデーはジョーンズビーチへ!ベスページ・エアショーの楽しみ方

コロナ禍で初めて開催されたベスページのエアショー。

迫力満点で、子供たちもまた来年も行きたい!というほど楽しかったのですが、リサーチ不足・準備不足のため、残念ながら午前中で帰宅することとなりました。

来年は反省点を活かして、ゆっくりたっぷりエアショーを満喫したいと思っています。

今日は、ベスページのエアショー楽しむコツ!必須アイテムとおすすめエリア をご紹介します。

ベスページ エアショー(Bethpage Air Show)

ベスページエアショーは、メモリアルデーの週末にニューヨークのロングアイランドのジョーンズビーチ州立公園で開催されるエアショーです。

コロナ前のベスページのエアショーは、1日で20万人の人がくるほどの人気イベント。

ベスページ エアショー
  • ホームページ: Bethpage Air Show at Jones Beach State Park
  • 日時: メモリアルデー直前の金・土・日、10時から15時(※金曜日は予行演習)
  • 場所: 2400 Ocean Parkway, Wantagh, NY 11793
  • 利用可能な駐車場: Parking Field 1から6まで 
  • チケット: 駐車料金として10ドル/台のみ(※2021年は事前購入必須)

 

ジョーンズビーチは公園もあり、砂浜もきれいなので、夏の時期にはおすすめです!

Parking Field5に隣接しているプレイグランド。

チケット購入の流れ

チケット購入の流れ(2021年現在)
  1. チケットはオンライン購入 
  2. 購入後、購入完了の確認のEメールが届く 
  3. エアショーの約1週間前までにEメールでQRコードが届く
  4. 駐車場に入る際に、スマホなどでQRコードを提示する

 

私の場合、購入完了メールは無事に届いていたものの、直前になってもQRコードが届きませんでした。

購入完了メールには『5月24日までにQRコードが届かなかったら連絡してください』と記載があったので、Eメールで問い合わせをしてみました。

今、再送しました、スパム・ジャンクメールボックスもチェックしてください、というほぼ自動応答メールに近いメールが返ってきましたが何も届かず・・・

再度、同じメールに、夫のEメールアドレスに送ってくださいと別のEメールアドレスを記載したところ、無事に数分後にQRコードが届きました。

万が一、QRコードが届かない場合は、Eメールや電話で確認を!

それぞれのパーキンギフィールドの入り口には看板があるので、迷わずに入ることができます。奥に見える茶色の塔がウォータータワーです。

9時少し前に到着。駐車場はまだかなり空いていました。

駐車場からトンネルを通って、ビーチ側に向かいます。

ビーチに入る前にはセキュリティチェックで手荷物検査があります。

ビーチに到着!



※現在はエアショーのチケットは販売していないので、何も表示されていません

チケット購入時のポイント

我が家も初めての参加だったので経験・知識は浅いですが、個人的に感じたエアショーのおすすめの時間帯とパーキングフィールドをご紹介します。

おすすめの時間帯とパーキングフィールド
  • おすすめの時間帯は朝一
  • おすすめの駐車場はParking Field 4

おすすめの時間帯は朝一

ベスページのエアショーは、10時から15時。

私たちが参加した金曜日は、10時30分頃からショーが開始となりました。

渋滞もなくスムーズに入れたので、時間に余裕を持って場所取りしたい場合は朝一番(9時)のチケットがおすすめです。

チケットには、9時から入場可能(9時〜9時30分)に入場可能とかかれていましたが、9時少し前でも問題なく入場できました。

お子さんが小さくてすぐに飽きてしまいそうであれば、10時のチケットで入場するのが良いかと思います。

おすすめの駐車場はParking Filed 4

空で繰り広げられるエアショーなので、基本的にはどの駐車場からもしっかり見ることはできると思います。

ただ、ウォータータワー付近が人気があるようで、一番混雑していました。

パラシュート隊員が着地する場所もあり、近くの建物にはトイレもあるので、人気スポットのようです。

ウォータータワー周辺のビーチの様子。

パラシュート隊が降りてくるのも間近で見ることができました。

 

ウォータータワーには、駐車場のパーキングフィールド4と5が一番近いと思われます。

私たちはパーキングフィールド5でしたが、その辺りまで歩いて行きました。

Parking Fieldの地図。Bethpage Air Show公式サイトより。

ベスページ エアショーの楽しむコツ

初めてのエアショー。

それなりに楽しめましたが、来年は以下の反省点を活かしてもっと楽しみたいと思います。

ベスページのエアショーを楽しむコツ
  • チケットは発売開始日に早めにチェック!
  • 天気予報をしっかりチェック!最適な服装を!
  • ビーチでゆっくり過ごせるビーチ用品、食べ物・飲み物必須!
  • 音がかなり大きいので、3歳以下はご注意を!

チケットは発売開始日に早めにチェック!

コロナ前には1日で20万人以上の人が集まると言われていたベスページのエアショー。

ロングアイランド住民とっては、毎年家族で楽しむ恒例イベントの一つでもあります。

今年のチケット予約開始日にはウェブサイトがクラッシュしてアクセスできなくなり、5月18日には全てのチケットが売り切れたようです。

来年もチケット制となっている可能性が高いので、興味のある方は早めにチケットを購入することをおすすめします。



  • ベスページエアショー 公式サイト: Bethpage Air Show at Jones Beach State Park
  • チケット発売日: ニュースなどで要チェック(2021年は4月19日から発売開始)
  • 2021年は発売開始日にアクセスが集中したようでウェブサイトはダウン
  • 5月18日には金曜日の予行演習を含む全てのチケットが売り切れ

 

私たちは行けたら行こうかなーくらいに考えていたので、5月8日にチケット購入のウェブサイトをチェックしました。

その時点ですでに本番の土曜と日曜のチケットは全て売り切れ!

金曜の予行演習の回でも、駐車場によってはすでに売り入れている場所もありました。

なんとか金曜のField 5のチケットを確保できましたが、来年はもっと早めにチケットを購入したいと思います。

天気予報をしっかりチェック!最適な服装を!

最近暑い日が続いていたニューヨーク。

すっかり油断して、割と薄着(と行っても、半袖+薄手のジャケット一枚)で行ってしまった私たち。

完全に失敗でした・・・!

天気はよかったものの強風と寒さに耐えられず早めの退散となってしまいました。

最高気温は18度くらいと書いてあったのですっかり油断していましたが、ビーチは風が強くとても寒かったです。

エアショーに行かれる方は、天気予報をしっかりチェックして、少しでも気温が低かったり、風が強い時は暖かめの格好で行くことをおすすめします。

もちろんとっても暑い場合もあると思います。

その場合は、サングラス、日焼け止め、帽子などもお忘れなく!

ビーチでゆっくり過ごせるビーチ用品、食べ物・飲み物必須!

チケットが9時、10時、11時というように時間区切りになっていたので、1時間ごとにエアショーがあるのかと思ったら・・・10時から15時までぶっ通しでした。

これも事前リサーチ不足、早めの退散となってしまった原因です。

ビーチチェアとお菓子だけしか持っていかなかったので、強風と寒さ、空腹をしのぐことができませんでした。

金曜日、エアショーが実際に開始したのは10時30分頃から。

ゆっくりエアショーを楽しみたい方は、日本の海水浴に行くときのような準備をして行くと良いと思います。

エアショーに持参した方が良いもの
  • ビーチチェア
  • ビーチタオル(砂を拭いたり、寒い時はブランケット代わりになるので便利)
  • 風除け、テント、パラソルなど(天候に応じて)
  • ランチ、軽食、スナック、飲物(あれば、クーラーボックスに入れて)
  • ビーチサンダル
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 帽子


【子供がいる場合】

  • お砂場セット
  • ワゴン
  • 水着(暑いとき)

 

我が家はお砂場セットは持参しませんでしたが、長男はひたすら貝拾いを楽しんでいました。

ジョーンズビーチは、白めの砂でビーチもきれい。

シーグラスは一つしか見つかりませんでしたが、綺麗で可愛い貝がたくさん落ちていました。

ジョーンズビーチで見つけた貝殻。

 

写真をしっかり撮りたい場合は、望遠機能付きカメラも必須です。

動きが早すぎたり、遠すぎて、携帯カメラでは良い写真を取るのは難しかったです。

音がかなり大きいので、3歳以下はご注意を!

かなり大きな音で上空を飛行機が通過することもあります。

長男曰く、心臓がどしーんとするような音、とのこと。

迫力があり楽しいですが、小さな赤ちゃんや大きい音が苦手な子供は要注意です。

小さなお子様連れの場合
  • 耳栓(Ear Plug)やイヤーマフを持参すると安心

 

パラシュート隊のパフォーマンスなど大きな音がしない時も多いです。

3歳と6歳の我が家の息子たちも大きな音にはじめは驚いたようですが、自分たちの手で耳を塞いで楽しそうに眺めていました。

我が家は大丈夫でしたが、心配な場合は耳栓などを持参することをおすすめします。

まとめ

今日は、ベスページのエアショー楽しむコツ!必須アイテムとおすすめエリア をご紹介しました。

わずか10ドルで4時間以上、アメリカらしい迫力満点のエアショーが楽しめます。

寒くて砂まみれにはなりましたが、一見の価値あり!

アメリカ在住中にぜひ一度は見ておきたいイベントです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカを知る

    ゴールドをくれる緑の妖精?レプラコーンを捕まえよう!

    セントパトリックスデーにちなんで登場する、緑色の妖精、Leprecha…

  2. アメリカを知る

    アメリカのグッディバッグとは?おしゃれなママが用意するのはもはやバッグではない説

    アメリカで子育てをしていると必ず耳にする言葉の一つ、グッディバッグ(G…

  3. アメリカで遊ぶ

    子どもと無料で遊べる!ニューヨークのおすすめの屋内スポット&プログラム

    アメリカのニューヨークで子育てをはじめて早5年が過ぎました。子…

  4. アメリカを知る

    アメリカの図書館は魅力的!コロナ対策と現在の状況

    ニューヨークでは3月上旬から新型コロナウィルスが本格的に猛威をふるいだ…

  5. アメリカを知る

    コロナに負けずに復活!アメリカのイースターのイベント、エッグハント(ナーサリー編)

    アメリカではもうすぐイースター。昨年はコロナの影響で、全てのエ…

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村

  1. アメリカで食べる

    Hマートで発見!やみつきになる美味しさ、ローカンマ(ラオガンマー)の食べるラー油…
  2. アメリカで子育て

    Back to Schoolの準備!スクールサプライはどこで買うのがお買い得?
  3. アメリカで走る

    他愛もないこと、誰もしないことが感動とお金を呼ぶというお話
  4. アメリカで子育て

    みんなで学校を盛り上げよう!アメリカの学校のスピリット・ウィークとは?
  5. アメリカで走る

    ついにランニング大使!Nuun Ambassadorに選ばれました
PAGE TOP