アメリカで子育て

大雪のニューヨーク!コロナの影響で学校のスノーデーがなくなる?!

今日は、予報通り大吹雪のニューヨーク。

雪かきのことを考えると、天気予報を見ているだけで憂鬱になりますが、子供たちは真っ白に舞い上がる雪を見て楽しそうです。

ニューヨークの学校は大雪の時はスノーデー(Snow Day)として学校がお休みになり、子供は雪で思う存分遊べる楽しい日でしたが、今年は少し様子が変わってきました。

今日は、ニューヨークの学校の新しいスノーデーの過ごし方についてご紹介します。

大雪の前日の様子

ニューヨークのロングアイランドでは、積雪が16インチ(40センチ)にもなる可能性があると言われている今回のスノーストーム。

前日も海が凍るくらいの寒さでした。

大雪が予想されている前日は、スーパーマーケットも混み合います。

万が一に備えて、水や食料、生活必需品を買う人が多いようです。

ペットボトルの水も一部は売り切れ、キッチンペーパーも売り切れでした。

スノーデーはリモートラーニングデーに

スノーデー(Snow Day)で学校がお休みになると思っていましたが、今回はリモートラーニングデーにするとの連絡が大雪の前日に入りました。

スノーデーは、学校に行くことに困難が生じるほどの大雪の場合、職員や生徒の安全を確保するために、学校を休校にするというものです。

しかし、コロナの影響で、リモートラーニングができる環境が整ったため、学校を閉鎖する理由がなくなりました。

しかも、息子たちが通う学区では、今年、コロナの影響で学校の開始時期を一週間程度遅らせたため、予備日がもうなくなり、スノーデーは年間で一日だけにするという判断が下されたようです。

ニューヨークシティ(NYC)では、ニューヨーク市のデブラジオ市長が、NO MORE SNOW DAY!、雪の日はリモートラーニングデーにすると意向を示したこともあり、今後は、スノーデーがなくなり、リモートラーニングデーとなっていくと予想されます。

スノーデーが多いときは、Make up classとして補修授業をしていたようなので、結果としては勉強量にあまり変わりはありません。

しかし、大雪の日の前日のワクワクや、1日雪で遊べる!という子供の頃の楽しかった思い出があるニューヨーカーからすると、スノーデーがなくなることは寂しく感じるようです。

まとめ

まだまだ降り続いている雪。

以前なら、スノーデーとなり、子供はゆっくりココアでも飲みながら、雪遊びを楽しんでいる日ですが、今年は、コロナの影響でスノーデーはなくなり、リモートラーニングデーとなりました

すでに何度もリモート学習を行っているので、先生も生徒もスムーズにリモート学習は実施できますが、子供にとっては、冬の楽しみの一つが消えてしまったように感じるかも知れません。

夫は、雪かきをするために外に出ましたが、雪と風がすごすぎて雪が全くなくならない・・・とすぐに戻ってきました。

あまりにもすごい積雪になったら、業者に雪かきをお願いをした方が良いのかも知れません。私の住んでいる町のFacebookページでは、前日から、雪かきが必要だったらここに連絡して!というメッセージのやりとりが増えています。

早く雪がやんで、楽しく雪で遊べますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカで子育て

    作るもの片付けるのも簡単!粘土遊びをするならエアドライ粘土がおすすめ

    子供が大好きな粘土遊び!手先を使い、創造力も掻き立てられるので…

  2. アメリカで子育て

    幼稚園生で初テスト!アメリカのMAP Growthテストの結果と見方

    アメリカ、ニューヨークの公立のキンダーガーデン(Kindergarte…

  3. アメリカを知る

    親も参加できる!アメリカのプレスクールでのお誕生日会

    アメリカでは公立の幼稚園(キンダーガーデン)に通う前にプレスクール・プ…

  4. アメリカで子育て

    二本に見える一本の歯?癒合歯だった息子の前歯が抜けたはなし

    癒合歯って聞いたことがありますか?英語では、Tooth Fus…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. アメリカで子育て

    子供の手紙がニューシェパードと一緒に宇宙旅行!ブルーオリジンへ手紙を書こう
  2. ランニング情報

    お金では決して手に入れられないもの、それがボストンマラソン
  3. アメリカで子育て

    アメリカのグッディバッグとは?おしゃれなママが用意するのはもはやバッグではない説…
  4. アメリカで子育て

    総ピース数は1969!ディスプレイにもおすすめ!レゴで作るサターンV
  5. マラソンイベント

    ディズニー主催のバーチャルランニングイベントに参加してみた
PAGE TOP