アメリカを知る

遂にニューヨーク市でも店内飲食再開!早速クィーンズの韓国焼肉店に行ってきました

ニューヨーク市では、2月12日から、収容可能人数の25%以下の客数であれば、レストラン店内での飲食(Indoor Dining)が可能となりました。

当初は2月14日のバレンタインデーからの営業再開予定でしたが、飲食業界から準備をする時間も必要だという要望を受け、春節にあたる2月12日からの店内飲食再開が許可されました。

また、来週の金曜、2月26日からは、最大収容人数の限度が35%以下まで引き上げられる予定です。

ちなみに、ニューヨークのロングアイランド(ナッソー郡とサフォーク郡)では、ニューヨーク市ほどの感染率ではないため、現在は、収容可能人数の50%以下であれば、レストランでの店内飲食が可能です。

我が家では、気分転換とレストランの応援をかねて、ニューヨーク市のクィーンズにある韓国焼肉レストランに行ってきました。

今日は、アメリカの韓国焼肉レストランについてご紹介します。

ニューヨークのコリアタウン

韓国人街。日本語では、コリアンタウンと言いますが、英語では、一語で、Koreatownと言います。

ニューヨーク市のマンハッタンにも32丁目のマディソンアベニューから六番街くらいまでがコリアタウンと言われていますが、割と小規模です。

クィーンズのフラッシング(Flushing)は、かなり大きなチャイナタウンとコリアタウンとなっていて、看板や飛び交う言葉も英語でないことの方が多いくらいです。このフラッシングを中心とするコリアタウンは、ノーザンブルーバード(Northern Blvd)沿いまで続いています。

コリアタウンは、お客さんも店員さんも韓国人、アジア人が多いです。お店によっては、英語がほとんど話せない店員さんも・・・それでもニューヨークで生きていけるということです。

マンハッタンは多くの人が利用することもあり、トイレも綺麗なことが多いですが、フラッシング付近の小さめなお店では、下水システムが古いのか、トイレットペーパーもトイレに流さないでください、という注意書きがあるところもあります。その場合は、トイレ脇に置いてある、ゴミ箱にペーパーを捨てます。

コリアタウンの韓国焼肉レストラン

今回は、クィーンズのノーザンブルーバード沿いの Galbi Ma Eul というお店に行ってきました。

コロナ対策として、入店時に検温されました。バレンタイン当日だったこともあり、お客さんは割と多かったです。各テーブルに除菌スプレーがあり、座席間隔はあいていましたが、仕切りなどはありませんでした。

韓国焼肉の良いところ

前菜が盛りだくさん!しかもおかわり自由!

 

オーダーしなくても、キムチやらナムルやら、たくさんの前菜が運ばれてきます。

ほとんど辛いものなので、子供たちが食べられるのは、もやしナムルとポテトサラダくらいですが、大人にとってはとても嬉しいサービスです。野菜も沢山摂れるのでありがたいです。

しかも、お皿が空くと、もっと欲しい?と聞いてくれて、おかわりまで持ってきてくれます。

生のワタリガニを醤油漬けにした、カンジャンケジャンも前菜の一つとして出てきました。カンジャンケジャンはお店の人の一押しだったようで、食べていないと何回も、食べないの?とても美味しいのよ、とお店の人が伝えにきました。

マンハッタンの韓国焼肉では前菜サービスがないお店もありましたが、クィーンズの韓国焼肉店ではほぼ前菜が出されます。

白菜、きゅうり、もやし、ゼンマイ、ブロッコリー、ナスなど、野菜もたくさん。

真ん中にあるのが、カンジャンケジャンです。

この日はランチタイムに行ったので、ランチの焼肉を3皿とお粥、海鮮スンドゥブを頼みました。

プルコギ、カルビ、鶏肉をオーダーしたら、ご飯付きでした。BBQ at Tableというリクエストをすると、テーブルで焼く焼肉になります。

海鮮スンドゥブ。

Porridge、お粥です。子供たちも食べやすかったようです。

肉好きの息子たち。久しぶりの外食ということもあり、テンションが上がっていたようで、かなりたくさん食べました。

食後には、大人用に、スジョンガ(シナモンと生姜、蜂蜜などから作られているスパイシーで甘いお茶)も出してくれました。

まとめ

今日は、アメリカの韓国焼肉レストランの様子をご紹介しました。

まだまだコロナの脅威は収まっていませんが、感染率は徐々に下がっているということで、ようやくニューヨーク市の店内飲食のサービスが再開されました。

春の気配が見えない、雪だらけのニューヨーク。屋外やテントの中で飲食するのは寒すぎるので、店内飲食の再開は必要かつ喜ばしいことだと思います。

久しぶりの外食は思っていた以上に良い気分転換にもなりました。コロナの影響で経営が厳しくなっている飲食店の応援も兼ねて、また、外食する機会を作りたいと思います。

🔖 あわせて読みたい

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 

あなたにおすすめの記事

  1. アメリカで食べる

    アメリカにはコーンスープがない?!あるものでできる簡単コーンスープ

    スーパーにもレストランにもコーンスープがない!!アメリカ生活で…

  2. アメリカを知る

    子供も先生もパジャマで過ごす1日!アメリカの学校のパジャマデー

    アメリカ、ニューヨークのプレスクールに通っている3歳の息子ですが、今日…

  3. アメリカを知る

    近未来型コンビニ、Amazon Goがニューヨークにオープンを予定

    Amazon Goが2018年の1月にオープンしてから一年が経とうとし…

  4. アメリカを知る

    ニューヨークのコロナ事情!ロングアイランドの一部もイエローゾーンに

    まだまだ収まる気配をみせないコロナウィルス。寒さも本格的になり空気も乾…

  5. アメリカを知る

    ハロウィンのコロナ対策!コロナ禍、ニューヨークでのトリックオアトリート!

    コロナの感染拡大が心配されている中ですが、今年もなんとかハロウィン、ト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリックでブログ応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ニューヨークでの子育てとお買い物とおでかけ情報 - にほんブログ村
  1. ランニング雑記

    ニューヨーカーのランチタイムはランニングの時間
  2. アメリカを知る

    無料のエッグハントでの失敗談!エッグが一つも拾えなかったエッグハント
  3. アメリカで子育て

    お家で簡単に発掘体験!12種類の本物の宝石を手に入れよう
  4. アメリカで走る

    【研究結果】ランニングは「若さ」を保つのか?
  5. ランニング雑記

    ランニングしているから健康?過信なランナーは要注意
PAGE TOP