アメリカで生活する

初めての生木のクリスマスツリーを購入する方へ!手入れのための知っ得情報

こんにちは、ロイです。

一年でもっともワンダフルな時期がきましたねー

ホリデーシーズンです!

ホリデーシーズンとは大体クリスマスから新年までの期間を指します。

とは言っても11月後半のサンクスギビング直後からクリスマスモードに入り

街の至るところでクリスマスツリーを目にすることになります。

今回はアメリカでのクリスマスツリーの購入の仕方とその手入れを紹介します。

やっぱり生木のクリスマスツリーが人気

12月に入るとマンハッタンの路上に「Fresh Cut Christmas Trees」を扱う売店が現れます。

 

マンハッタンの家はほとんどがアパートで、間取りもそんな広くないので

売られているのはどちらかというと少し小さめのツリーが多い気がします。

ただオフィスで飾る用途もあるので、もちろん大きなツリーも扱っています。

郊外にはクリスマスツリーピックができる、「Christmas Tree Farm」という

ツリーを自分で刈り取って家に持って帰るという農場もあります。

ここで購入する場合は刈り取るためのノコギリを持参する、

もしくはレンタルする必要がありますが

一軒家に住み、家族と住んでいる家庭にとってはこの購入の仕方も一般的です。

手入れなどのしやすさからウォールマートなどで売られている

人工的なクリスマスツリーを飾る方も多いですが、

結構早く売り切れたりと、依然生木のクリスマスツリーを家に飾る方も多いですね。

クリスマスツリーを飾り始めるのはサンクスギビングのあと

11月24日のサンクスギビングが終わると世間は一気にクリスマスムードに包まれます。

テレビはクリスマス仕様のCMが流れ始め、ホリデーシーズンに向けてのセールも始まります。

12月に入る時期からクリスマスツリーを飾り付ける家庭が多く、

また玄関をクリスマスデコレーションする家もよく見ます。

郊外に住む私の場合は、近くの消防署がクリスマスツリーの販売を行なっており

毎年そこで生木のクリスマスツリーを買います。

今年はクリスマス2週間前の12月8日に買いに行ったのですが、

残っていたのはわずか4本!!

200本仕入れていたらしいのですが、12月最初の週が1番の繁忙期とのこと。

仕方なく家のサイズには少し大きかったですが、残ったものから選びました。

金額は少し高め

販売しているお店、農場、また気のサイズによって金額は違いますが

ツリーの購入は決して安い買い物ではありません。

私が購入したのは185cmくらいのものでしたが、金額は$65でした(約7,400円)

同じ大きさでも、葉のつきかたや枝の質によって

$80(約9,000円)と金額が違うものもありました。

大きさは様々ですが、家の中に飾るそれなりのサイズを選ぶとやはり金額は高いですね。

毎年コストがかかるので、人工クリスマスツリーを購入する人がいるのはこのためです。

購入から家に持ち帰るまで

私が購入したのは農場ではなかったため、すでに刈り取られたツリーでした。

陳列されているものの中から気に入ったツリーを選ぶと、その場で木の幹の切ってくれます。

これはツリーがすぐに水を吸えるようにするためです。

郊外で購入した後、車に積んで持って帰るのが一般的です。

お店の人がしっかりと車に縛ってくれるので、自分で縛る必要はなく助かります。

車を持っていないマンハッタン在住の方はどうするんでしょうか。

引きずったりや男の人が数名で担いで持って帰っているのを見たことがありますが。

帰宅後は車からツリーを下ろし、家に入れます。

が、事前にクリスマスツリーのスタンドを組み立ておきましょう。

このスタンドにツリーを差し込み固定させます。

ですのでクリスマスツリーを購入する前に、どれくらいの大きさのツリーを買うか考え

そのサイズに合うスタンドを選ぶように注意しましょう。

ツリーが立てば、後はツリーライトをつけてオーナメントを飾るだけです。

オーナメントを飾るのは子供達がもっとも楽しむパート!

もちろん売られているオーナメントも付けますが、

この時期学校から色々な手作りオーナメントを持って帰ってくるので、

子供達はそれを付けることに大喜び!

生木のクリスマスツリーを飾るための注意事項

生木のクリスマスツリーを飾るためには知っておかないといけないことがあります。

重い!

言っても丸太なのでクリスマスツリーを移動させたり、立てるのは結構な力仕事となります。

特に車から下ろしたり立てたりする時は近くに人がいないか十分気をつけましょう。

人の上にツリーが倒れこむと大けがにつながります。

またトゲが刺さったり樹液も出ているため軍手を装着したほうがいいです。

水をしっかりあげる

クリスマスツリーはとにかく水をよく飲みます。

クリスマスツリースタンドは水を入れられるようになっているので、

決して絶やすことのないように、常に水が張った状態にしておきましょう。

ちなみに水よりも砂糖水の方が好物のようで

そちらの方が元気な状態を維持するみたいです。

火事の原因になる

水をしっかりあげるもう一つの理由です。

毎年クリスマスツリーが原因となる火事が起こります。

水分が少なくなるとツリー自体が乾燥し始めます。

そしてツリーライトなどの発熱より発火というケースがあります。

クリスマスツリーは背が高いため、一旦火が付くと天井まで火が昇るのが非常に速いです。

水をしっかりあげる、そしてライトを点灯させる際は気をつけてください。

とにかくクズが出る

とにかくもみの木の葉(クズ)が落ちます。

これは覚悟しましょう。

ツリーの下はクズがとても溜まるので、気になる方は頻繁に掃除をする必要があります。

アメリカの家庭は靴で生活をするので気にならないでしょうが、

初めて購入した日本人の方はこのクズが嫌で

人工クリスマスツリーに変更した人もいるとか。。。

ゴミの日

クリスマスが終わったからといって勝手にクリスマスツリーを捨ててはいけません。

ツリーは再利用されるため、捨てていい日はその地域によって決まっています。

場所によっては専用の袋に入れるなど捨て方も決まっているので

地域マナーを守るためにしっかり廃棄情報もチェックしておきましょう。

最後に

クリスマスツリーは本当に家庭内を明るく、楽しい雰囲気に包んでくれます。

アメリカではクリスマスの朝、子供達のプレゼントはツリーの下におきます。

なので、子供達は起きたらツリーへ一目散!

文化の一つなのでやはりホリデーシーズンにはクリスマスツリーはなくてはならないもの。

皆さんも素敵なクリスマスツリーと一緒に素晴らしいクリスマスをお過ごしください。

関連記事

  1. アメリカで生活する

    アメリカのプリスクールでの誕生日は家族イベント!親も積極的に参加しましょう

    こんにちは、ロイです。アメリカでの生活も15年目が終わろうとし…

  2. アメリカで生活する

    近未来型コンビニ、Amazon Goがニューヨークにオープンを予定

    Amazon Goが2018年の1月にオープンしてから一年が経とうとし…

  3. アメリカで生活する

    プレスクールの保育参観に行ってきました

    うちの長男は2歳からプレスクールに通っているのですが、3歳に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ランニング雑記

    原因は塩分不足!ランニング時の筋けいれんを防止
  2. ランニング情報

    ニューヨークの人気ランニングショップ、New York Running Comp…
  3. 地球一周チャレンジ

    地球一周チャレンジ #8
  4. アメリカで生活する

    プレスクールの保育参観に行ってきました
  5. ロイの活動

    今後求められるマインドセット。それはブルドーザーになること
PAGE TOP